泥を見るか、星を見上げるか


まだまだコロナウィルスが騒がれている
世の中だけど、そんなことは無視して
自分にできることを淡々とやりましょう。

最近もよく、人生相談されたり
問い合わせがあるので
まとめて答えたいと思います。

よく、現状を変えたいとか
もっと明るい未来に進みたい
という人がいる。

でも、そのために何かしてるのか?
と聞けば何もしてなかったりする。

要するに、何かを変えたいけど
変えることが怖くて立ち往生してる
状態なんだなぁと思った。

変わるってことは脳からすれば
本能的に恐怖でしかないからね。

だから変わらない選択をさせられる。

昨日と同じようにしていれば
今日も生き延びられる可能性が高い。

だとしたら、

なるべく昨日までの自分から外れないよう
無意識はあなたに働きかける。

変わりたいという意思はあるけど、
脳は変わることに恐怖を感じる。

まぁ、本能でもいいが、
だから現実が矛盾して苦しくなる。

よほど強い動機付けや、
今回のような環境の変化(コロナ)でも
ない限り、人の行動や習慣は変わらない。

マスクを買い占めたり、
トイレットペーパーを買いに
薬局に並ぶ連中がそうだろう。

不謹慎かもしれないが、
俺から言わせれば情報弱者がまさに
コントロールされている状態だなと
思った。

それは時を読み、

ピンチと嘆くか
チャンスと取るか

で、行動が大きく変わるということを
端的に表しているなと思った。

べつにそういう人たちを
馬鹿にするつもりもないし、
ダメとも思わない。

ただ、

あなたが昨日までの自分を演じるのか、
それとも未来の自分を先に演じるのかで
現在(いま)が変わってくる。

泥を見るか、
星を見上げるか、

同じ状況でも見るものが違えば
見える世界が変わり、結果も変わる。

それでもあなたは

泥を見るか、
星を見上げるか、

ピンときた人はこちらの記事も
目を通してみてください。
笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている32歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000