コーチングを受ける人の条件


たまには厳しいことも
書いてみようと思う。

まず、コーチングを受けるにあたって
既に何かをやっている人のが
結果が出やすいというのがある。

例えば、スポーツや没頭している趣味とか、
会社の中でどうしても結果を出したいとか、
起業してビジネスをやってる人など。

こんな人がコーチングを受けに来て、
ゴール設定をうまくやれると
結果が出るのが早い。

何が早いって、

抽象度の概念や視点を取り入れることで
作業のスピードや情報処理能力が
格段に(相当なレベルで)上がる。

その結果、ゴール達成が容易になる。

だけど何もやってない人で、
自分探しが目的でコーチングを受けに来ると
何の結果も出ないどころか、時間のムダだ。

これだとお金も勿体ないし、
受けにくる時間も受け身で過ごすから
何も身に付かない。

コーチ側にとっても
クライアント側にとっても
メリットが一つもない。

なので、コーチングを受ける人は
何か取り組んでるとか、

どうしても実現したいことがある、
自分を激変させたい、
何がなんでも人生を変えたいとか、

こういう抽象度の高いものを
具体化させたい人でなければ、

あまり意味がないんじゃないかな?
って思ってた。

フワッとした考えで、
「あ、リーズナブルだし受けてみよ〜」
みたいな感覚で来られると困るし、
その場合はあなたが火傷するだろう。

そういうもらい事故を防ぐために、
事前にメールでやり取りさせてもらったり
してるから今のところは無事故だけど(笑)

で、お互いに事故を防ぐためにも、
コーチングを受ける前にぜひ、
DMかお問い合わせで相談してくれたら
対応するので、迷ってる方はどうぞ。

その際の相談は無料なので
ご安心くださいませ。
笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている34歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000