『アンチスピリチャル第2弾・私は見える』



こんにちは、武蔵です。
のぞみの車内からブログ書いてます。

スピリチュアルは戦争や差別の根元って
ことを知らずに語ってる人が多い。

「私は直感で生きます」


とか言ってるババアは勝手に行けよ
って思う。

このブログにも書いたけど


確かに私も直感で生きてるタイプだけど、
スピリチャルハックではないし、
本能的かつ野生だから真逆だ。

「私はあなたのオーラが見える」 

「波動であなたの心を修復します」

「私の友人は霊が見えるので紹介します」


こうゆうこと言うバカがいるけど
勝手にほざけって思う。

人間は見たいものを信じると、脳が現実化
させるためにそれを見せてくれる。

確かにその本人の心のなかには、
霊、オーラの色、こういったものは
見えてるのだろう。

でも、それがなんだ?

そうやって、心の弱い人や病んだ人から
カネを巻き上げて儲けてるのはそいつらだけ。

霊媒師とか占い師も全部おなじ。

ホントにそうゆう物が見えて、「降りてきた」
とか言うならそのチカラを使って社会貢献とか
したらいいんだけどさ、全部商売でしょ?

超インチキじゃん。
カルトだよ。

私はある方から物理学について、
詳しく学んだ時期があった。

そう、物理学的に見たら霊とか波動とか
オーラカラー診断、ヒーラーとか全部
大ウソもいいところ。

「遠隔でヒーリングします」

とか詐欺だよ。

理論上ありえないし、どう考えても
それっておかしいんだよ。

だけど、書店だとこうゆう詐欺的な
スピリチャルとかの本が多く売れている。

コンテンツやセミナーとかも同じで、
それだけ需要があるのには理由がある。

飢餓する恐れから解放された今の日本人に
とっては生きる明確な意味とか目標なんか
なくて当たり前でむしろ、そうじゃないと
おかしい。

生き延びるための「食う、寝る」に関して
すでにクリアしてしまった現代人にとって
脳はもはや無用の長物に近い。

じゃあ、脳はヒマになると何を考えるのか?

不安だよね。


もともと、生存本能が備わってる私たち動物は

死ぬ=恐れ、恐怖だったわけだから、

生き延びるために「食の確保」は優先順位の
いちばん上だったはずだ。

それから、生き延びるためには子孫を残すのも
おなじで交尾して子孫を繁栄させるわけだが。

いまの日本はとりあえず平和で安全で、
よっぽど死ぬ恐れはない。

そうなると子孫繁栄すら必要ない。

だから、平和ボケした私たちはよくわからない
どうでもいいことに悩んだりするんだ。

ヒマだからね。

それでありもしない妄想をふくらまして

勝手に不安になる。


弱みに付け込んだ人たちがここぞと
言わんばかりに、

占い、オーラカラー診断、

あなたのメンタルブロック●●とか

やってる奴らが凡人からカネを取るんだよ。

私たち凡人は、悩むと正解をほしがる。

そうだよね?学校で選択肢のなかから
正解を見つけることばかり教えられてきたから
選べる範囲に答えがあると思い込んでる。

だから、目の前にそうゆうものが来た時に
答えが欲しくて仕方がない私たちは、
そういった詐欺的なものにあっさり
ダマされるわけだ。

じっさい、オーラ診断とかヒーラーとか、
メンタルブロックなんちゃらとかさ、
受けた人の感想って大方こんなとこでしょ?

気持ち良かったです!

スッキリしました!

癒されました!


こうやって洗脳されて、リピーターになり
詐欺師たちの肥やしを増やすわけだよね。

それやったところで、人生変わらないし、
ビジネスの売り上げは変わるどころか
そいつらに全部むしり取られる。

あなたや、あなたの周りでこういった
スピリチャル詐欺師の被害にあってる
人がいればぜひ、前回のブログも含めて
送るかシェアしてあげてください。

ホントに世の中インチキだらけで、
うんざりしてます。

今流行りの自己啓発セミナーとか
古典の自己啓発もぜんぶ一緒。

すごい人はそれで成功できるけど、
私たち凡人が成功した人の話聴いたって
すごい人ではないのだから、参考にならない。

完全って基準もありえないし、
神も存在しない。

大切なのは今この瞬間に集中して
未来に向かって生きること。

私もエネルギーや運は信じてるし
あると思ってます。

不安もクソも全部捨てて気楽に
生きましょう。

でわ、また!!!



メタルゴッド来日したとき横浜で見ました↓↓
BGM♪ / Judas Priest / Painkiller (Live)



インチキスピリチャル見抜くならコレ


コレ読めば大体わかります
笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている32歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000