ダッサい起業家が失敗する戦略「流行りのブランド物はお好きですか?」


こんにちは、武蔵です。

この後に及んで、

いまさらブランディングだとか、
SNSマーケティングとかいってる、
薄っぺらい起業家がまぁ多いこと。

それでうまくいった人と凡人とじゃ、
立ち位置がまるで違うでしょうよ。

うまくいった人が後から教える
方法なんて使い古しもいいとこ。

ビジネスセンスの良い人や、


勘のある人ならノウハウと

リソースの組み合わせで、


うまいことマネタイズ
するんだろうけどさ。



ブランディングは結果論でしょ?


巷にあふれる成功哲学と同じで、
それらは結果論でしかないわけよ。

ブランディングがうまくいってる
インフルエンサーなんかは、

大成功を収めたから結果的に
キャラとして成立してるし、
周りが認めるからそうなってる。

そういう人の真似をしたり
起業塾に入ったところで、

指導する側が劣化してるんだから
さらに劣化コピーの起業家や、

インフルエンサーもどきを
生み出してるってことに
早く気付けよってね(笑)

情報弱者を掻き集めて教祖ビジネスを
展開してるインフルエンサーの
二番煎じがウジャウジャしてるもんね。

大衆が群がるところに、
情弱ビジネスのチャンスあり!!

と言わんばかりに。


ブランディングって言葉がもう寒い


ブランディングで戦略的に
うまくやってる、
企業や起業家も確かにいる。

なんというか、そのやり方が
もう古臭いんだよね。

アピールポイントがないものに、

無理矢理権威付けするために
ブランディングって、
わからなくもないけどさ。

それで盛りまくった人たちで
SNSは溢れかえってるわけで。

キングコングの西野さんや、
ホリエモンなんか良い例だよね。

本人たちは確かにすごいし、
真似したくなるのもわかる。

でもコピーしてる人たちって、

本人たちのイメージばかりをコピって、
側面や裏側をまったく見てないわけよ。

いや、見ようとしていないから
見たいようにしか見えていない。

だから、

ホリエモンや西野さんの
劣化コピー版が群れまくって、

変てこりんな自己啓発でギブだの、
ブタだのとあちこちで呟かれてる。

あれほど見苦しいものはないよね。


パッチもんのブランド品と一緒


それが原因でパッチもんの
ブランドバッグを量産するような
結果になってるんだろうね。

ブランド物として真似された方は
確かにうまくいって、
成功をしたのかもしれない。

似たものがあふれ、競合が増えれば
お互いに磨かれてさらに良いものが
生まれる。

これは原理原則としてあるから
わかるけど、
現実を見たらどうだろうか。

いろいろなSNS村には、

メイドインチャイナのパッチもん

ブランドのオンパレード状態だ。


大事なことだから、
もう一度言うけど、

メイドインチャイナのパッチもん

ブランドのオンパレード状態だ。


ブランド品の真似をしたところで、
しょせんは二番煎じで終わるだけ。

だったら逆の戦略を取ればいい。
要約すると、


・同じ界隈の村で群れるのをやめる
・インフルエンサーの真似をやめる
・ブランディングなんか意識しない
・権威も要らないメッキが剥がれる
・自分のキャラを売るなら唯一無二


パッチもんにブログコンサルや
キャラ作りを相談するぐらいなら、

そのポジション以外から情報発信してる
人から学んだ方がよりクリエイティブな
思考と戦略を持てますよん。



BGM / PassCode / ONE STEP BEYOND

笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている32歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000