プロフィールに肩書きをねじ込む人


よく見かけて、すげー笑うのが、
Twitterなんかのプロフィールに
ど長い肩書きをねじ込む人。

たとえばさ、

「●●●認定プロフェッショナルコーチ」
「●●●式コーチング認定コーチ」
「●●●スクール認定コーチ」

ってな感じのをSNSのプロフィールに
ねじ込んでる人をたくさん見るけど、
奴隷なの?
バカなの?

「なんちゃら協会認定●●●」
みたいなノリの連中って、

その宗教を広めたいだけで、
来てくれるお客さんのことを
1ミリも考えてないよね。

そうでしょ?

権威性のあるものに認定されてる私を見て!
みたいな承認欲求丸出しでしょ?

自分のことしか考えてねーじゃん。

要は、その宗派の思想を広めるために
プロフィールに記述したり、
それらをツイートしまくってるけど、

やればやるほど、
自分を承認されてると思い込んで
ただ宗教を広めてるだけなんだよね。

べつにそれを悪いとは思わないけど、
人助けをしたいのか、ただ承認されたいのか
すげー微妙な行動だよね。

その権威にぶら下がって、
「この活動を広めてる私ってば偉い!」
みたいに、自分に酔ってないか?

まわりからみると異常だし、
けっこうキモいよね。

まぁ、そこに集まる人の属性も
これまたヤバいんだけどさ。

自分を売ってるようで、
そのぶら下がってる
権威を広めてるだけなんだよね。

だから、プロフィールにあれこれ
情報を書くなら自己満の肩書きを載せるか、
来て欲しいお客さんに向けて情報を出すか、

その方向性で自分のレベル、
来て欲しい人の属性がそこで決まってしまう
ということを理解した方が良い。

そのことをわかった上で、
どのようにSNSやブログを運営するかは
自分で考えたらいいんじゃないかな。
笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている34歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000