スピリチュアルの弱点


ちょっと久しぶりに
スピリチュアルの話をしてみる。

ネットでよく見かける、
自称スピリチュアル専門家たちは
ことあるごとに大袈裟に言う。

「私の人生がいまこうなったのは、前世で●●だったからこうなんだ」

「私の人生でこの人と出会ったのは、前世では兄弟だったから、今世では夫婦になってどうのこうの…」

こういった調子で、
強引な解釈と意味付けにより
彼ら彼女らの人生は成り立っている。

なんというか、すごくまわりくどい
面倒くさそうな人生だなと思った。

小さなできごとですら、
前世だか、あの世のせいにする(笑)

こういう人たちの怖いところは
平気で人を差別したり、
偏見を押し付けるところにある。

先ほどの論理でいくと、
前世であの人には恨みがあるまま死んだから
今世では私は復讐するために生まれ変わり、
あそこの家族を崩壊させた、みたいな。

なんか、強引に説明したら
こういうことでしょ?

前世で●●だったから、
今回は▲▲をやってもオッケーみたいな。

過去にすべての原因があり、
それによって未来がオートマティックに
決まるのであれば、

生まれたときから終わりまで、
あなたの人生は決め付けられている
と言うことになる。

でも、これっておかしくないか?

んじゃ、いま生きてる人たちも皆、
過去に起因したとおりの人生になっている
=生まれたときから未来が決まっている。

んな馬鹿な話があるわけがない。

「寝言は寝てから言え」とは
まさにこのことだろう。

んじゃ、病気や事故で早くに死ぬ人も
予め決められていて、
そのとおりになったってこと?

だとしたら強引過ぎるし、
やはり論理が破綻している。

なのに、そのスピリチュアルを信じて
人生をややこしくしてしまう連中って
何がしたいんだろうか。

人生は難解でややこしくないと
ダメなものと決め付けているから
いつもややこしく複雑にするんだろう。

難しいものじゃないと
正解にしてはダメみたいな。

自分なんかはものごとを
どれだけシンプルに捉えて考えられるか?
が人生の勝負だと思ってるから
絶対に難しくしないもんな。

スピリチュアルの人たちは大変だよ、
コロナがありゃギャーギャー騒いで、

第二波が来たら陰謀論だか、
オカルトチックな話を持ってくるし。

で、身内に不幸があれば
「自分の前世の行いが●●だったから」
とか過去を責め出すし、

何かがうまくいっても
スピリチュアルの論理にあてはめ、

「ああ、やっぱり前世のカルマが精算できたからご褒美に…なんたらかんたら」

一つ一つがいちいち大袈裟である(笑)

いいことがあっても、
わるいことがあっても、

スピリチュアル先生は
めんどくさそうな生き方をしている。

こういった連中を信じて頼るも、
無視するのもあなたの自由である。
笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている32歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000