『愛と恐怖のテロリスト』



こんにちは、武蔵です。
今日も大好きなワインを飲みながら、
JAZZを聴きつつ、ブログを書いてます。

人間の行動パターンや習慣が面白く、
最近は行動心理学や脳の仕組みに関する
書物を読み漁ってます。

人生において、ひとのモチベーションは
2つあって、

愛と恐怖


愛の場合は「やりたい・好き」という
スタート地点から始まるのに対して、

恐怖の場合は「やらなければならない」
私がもっとも苦手な義務感から始まる。

恐怖というのは物理的なものであれ、
精神的なものであっても

強制される。


人間は本来「自由」です。

あなたが恐怖で強制されて、義務感を
かんじながらしていることを一つ捨てたら、
その分だけ、自由になる。

すごくシンプルな話だ。

これは会社内においての部下と上司の
関係にも見られるし、彼氏と彼女の
人間関係にも同じことがいえる。

相手とギクシャクしてる人を見ると、

「あなたが○○してくれないから」

なぜか、欲しいものを相手に求める。

欲しい結果があれば、その原因を自分でつくり
相手に与えて続けて「共感」を得ることだ。

それはギブギブギブできる者同士でしか
生まれない。

ギブ&テイクは罠


「○○あげるから、これをやってくれ」

これって、相手の何かを奪う発想で、
テイク思考こそ洗脳以外のなにものではない。

恐怖と強制を与えてその人が得られるのは

強制された義務感。


世の中の大半の会社がこんな感じだ。

欲しいものがあれば、
自分がそれを与え続けることだ。

ギブギブギブとはよく言ったもので、
徹底的にこれでもかって与え続けることで、
勝手にちがうカタチでどっかから与えられる。

つまり、自己愛がある人間は他者を愛し、
愛される関係性がある。

自分のことを信じて、愛してる人間は
他者に与えることが好きで、奪うような
ことは決してしない。

ある人はこういう言葉を残した。

「人生の秘訣は与えることである」


モノゴトの真理だなと思うし、
この人から何がもらえるかな?って
考えてる人はギブ&テイク思考で、
奪うことしか考えていない。

そんな人に他者が近寄る余地はないし、
だから人生がうまくいかない。

自分のことばかり考えて、
相手に与えることを何もしない人間が、
何かを得られることはないよね。

愛が欲しければ、愛を与えて、

カネが欲しければ、価値を提供し、

自由が欲しければ、自由を与えて、


すごくシンプルだ。

人を強制することは、義務感を与えて、
自由を奪う。

他人をコントロールしようとする人は
テイク思考で奪うことを認識できていない。

他人を支配するのをやめ、愛することが
できれば、相手は自由に動けるし、
文字通り、こちらも自由になる。

焦点のおきかたと、解釈の仕方で
モノゴトの意味付けは自由に変換できる。

あなたは、自由と愛と感謝を、
誰にプレゼントしますか?

あたまに思い浮かんだ大切なひとへ、
ぜひサプライズのような形でプレゼント
してみてください。

その人の満面の笑みを想像するだけで、
エネルギーが湧いてくるよね。


最後までお読み頂き、ありがとうございます。
良い週末を!!




昨日のお花見LIVEめちゃ面白かったよ
やっぱLIVEがいいよね、体験しよう↓↓
BGM♪ / NAGOYA COLOR / MISS OF GIRL




人間と愛を学びたい方にオススメ




酒と女と泥臭い日常を楽しみたい人はコレ
笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている32歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000