『ぼくが1年ぶりにnoteを再開して感じた可能性について』


こんにちは、武蔵です。

今回はクリエイターの集まるプラットフォーム「note」で、1年ぶりにコンテンツを販売
しようと思ったキッカケや理由をお伝えしたい
と思います。

結論からいうと、

マーケティングコンサルタントの服部さんが
noteで圧倒的なスピードと実力でマネタイズ
されている姿を見て、

「ハッ!!」

っとさせられまして。

鬼の金棒でアタマをブン殴られた気持ちに
なって目が覚めました (笑)

ありがとうございます。

それで、自分もちゃんとやろうと思い
昔の有料コンテンツはすべて削除し、
文字通り、ゼロから始めてます。

ご存知の方も多いと思いますが、
知らない方のためにザックリ説明しておくと、
noteでは自分の書いた記事、音声、動画など
有料で販売することができます。

つまり、自分のオリジナルコンテンツを
つくって売ることができるというわけです。

誰でもコンテンツホルダーになれるので
オススメです。



noteを再開したキッカケ



はい、

2016年に有料コンテンツを販売したりして
いましたが、環境や状況の変化にともない、
手がけるビジネスもすべて変わったので、
あらためて自分の価値観を世に発信しようと
思ったわけです。

そうなると、

noteに残しておいた過去の有料コンテンツは
無用の長物となるわけですね。

そこで、

新たな着火剤となるブースターを探していたら
アクティブに活動されてる服部さんの
月刊コンサルnoteに出会ってしまいました。

クリエイター並びに、コンテンツフォルダーは
購読することを超絶オススメします。

さきほどお伝えしました、

服部さんがリリースしたnoteの月刊マガジンを
購読するようになったのもあり、いま現在、
加速度的にマガジン制作にとりかかってますが
単発の有料記事はすでに出してます。

なんとなく再開したnoteは月並みな活動に
なっていましたが、月刊コンサルnoteを
購読するようになってからはスピードと
方向性、すべきこと、このあたりがかなり
明白になってきましたので面白いです。

服部さんの「月刊コンサルnote」

月刊コンサルnoteを購読してみて



やっぱり、コンサルタントでも圧倒的な

トップクラスの視点で分析された数々の
コンテンツはめちゃくちゃ役に立ちます。

私が手に入れたモノは、

・服部さんの角度から見る視点での気付き


・誰でも一瞬にして幸せになる方法


・お客さんに対してのフラットなスタンス


・商品の価格設定の仕方と手順


・思考回路にプラスαで使う言語が変わった


・セミナーじゃ絶対手に入らないノウハウ


・商品のアイデアが以前より思い付く


・新たな商品開発に取りかかってます



すべきことが明白になり、スキマ時間ですら
行動できているので、それが一番の変化であり、
得たモノのなかでは大きいですね。

何をどうしたらいいのか?

悩んでしまっていたので、
ありがたいかぎりです。

「フォロワーの数は関係ない」と、

商品力と情報発信力だけで勝負している
服部さんが、それを数字で示していたので、
noteに秘められたポテンシャルと可能性に
ワクワクしています。

とはいえ、

実力がもろに数字で出てしまうので、
検証してブラッシュアップを繰り返しながら
やり続けるしかないですね。

失敗してもマイナスになることはないし、
弾は無限にあるわけですから、尽きることなく
マシンガンのように連射します (笑)


まだnoteをやってないひとへ



とりあえず、


noteをやってみてはどうでしょう?

主婦の方やシングルマザーの方々も、
スキマ時間を有効活用して、ブログとは
べつで有料記事を出してマネタイズしてます。

女性陣の情報発信はかなりアクティブで、
スピード感もあるので、うっかりしてると
男はやられる笑

世の男性陣もぜひ、noteで「好き」を
誰かに発信して届けてみてはどうでしょう?

似た価値観の人ともつながれるメリットも
ありますし、あなたの趣味やリソースが、
誰かの役に立てばそんな有意義なことは
ないですよね。

それでお金も稼ぐことができれば、
どう考えても一石二鳥でしょ?

あなたとnoteで会える日を楽しみに
しています。



最後までお読み頂き、ありがとうございます。

でわ!!!


BGM♪ /SILENT SIREN / フジヤマディスコ



noteも気軽にフォローしてね


こちらの記事もオススメ
笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている32歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000