「勘違い読書」に割くムダな時間


こんにちは、武蔵です。

巷で「速読術」のような、

小手先のスキルやテクニックに

走る人を多く見かけるけど、


本をちゃんと読めてる人って

ほぼいないよね。


それどころか人生を変えたくて本を
読んでる人ほど、人生が変わらない。


そりゃそうだよね、


重要なのは早く読むことより、

著者の視点と意図を手に入れることだから。


もう少し突っ込むなら、


そこで得た知識と視点を合わせて、

志を(+行動)を手に入れること

なんじゃないかな?


それでも実行に移す人なんて

ほとんどいないもんね。


本のなかに「答え」が
あると思ってる人は、


けっきょく自分勝手に、

読みたいように読んで、

見たいように見て、

聞きたいように聞く、


ことしかできないから、


いつも情報の本質が見えずに

次々と本を読みまくって、

ドツボにハマってくんだよね。


そうやって、


本を読めば読むほど

自分探しにハマって、


最終的には自己啓発セミナーとか、

スピリチュアル系の詐欺師どもに

カモられる。


世の中にある情報の本質をいつも

読み取れない人もこれと同じだよね。


あなたが本を読む目的って

なんのため?


本を集めてアタマが良さそうに

見られたい、見栄のため?


自分の主観でバイアスかけたままに

本を読んで、


「著者の価値観が合わない」


と、一言で片づけてしまう人は

大事なことを見落としてるよ。


一冊の本には、


著者の一生分の経験や知識が

入っていたり、


アタマに入ってる莫大な情報を

コンテンツ化したものだから、


相当な価値があると思うけど、


本はいかんせん安いから

パラパラっと読んでしまうよね。


まぁ、あえてそういう読み方する時も

あるけど、それを1500円で買えるって、

安いよね。



BGM♪ / Lou Reed / Walk On The Wild Side

笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている32歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000