稼いだお金で「ゴミ屋敷をつくる人」


こんにちは、武蔵です。


毎月、あくせく働いて稼いだ

お金をどう使うかはあなたの自由だ。


というより、あなた次第。

せっかくあくせく働いて、
毎月お金を稼いでも、
どうしてか貧乏な人がいる。

そういう人の共通点は
次の一点に尽きる。

とにかく部屋にモノが多く、
口癖と言えば、「今月ピンチ」だ。

こういう人は今月ピンチどころか、


来月もピンチで、半年後もピンチ、
来年、生きてる間はずっとピンチだ。

そのピンチから抜け出すには、
部屋にあるモノやゴミを全部
捨てることだ。

あとはこちらのブログでも話した通り、
ポイントカードもすべて捨てることだ。


モノが多いというは一見すると
豊かに見えるけど、心の貧しさ
を表している。

なぜ貧乏になるのかと言えば、
人生においてムダが多いから。


ムダが多い人は必ず、

モノが溢れてゴミ屋敷のような
部屋で生活を送っている。

出かけるときに必要なモノを
探すときもゴミの山から探し当てる。

とにかく、

行動のひとつひとつが遅く、
常にワンテンポ遅れている。

モノが多いと動きが遅くなり、
人生もワンテンポ遅れてくる。

その遅れを取り戻すのにまた
モノで穴埋めをし、


人生と部屋をムダだらけにする。

前にも話した通り、

お金持ちの人がいるんじゃなくて、
貧乏になる習慣を続ける人がいるだけ。

自己管理ができない人間は、

まずカラダがパンパンになり、
次にサイフがパンパンになる。


そして、パンパンになった財布の

ポイントカードを持ってお店に通い、


部屋をゴミだらけでパンパンにする。

こうやって、

自己管理のできないデブが、
貧乏になる図式ができてく。

私のなかのミニマリストの定義は、

本当に大切なものにお金を惜しみなく使い、要らない物にお金を使わない人だ。

バーゲンセールや
お買い得の文字で、

ついつい、

ウッカリ余分なモノまで
買って帰る人は要注意だ。

あとはダイソーなどの100均で、
目的と違うものまで買う人は危険だ。

貧乏街道まっしぐらな
人生から卒業するには、

100均に行かないことだ。

バーゲンセールやお買い得に
ダマされないためにも、


ポイントカードを捨てること。

ショップからハガキが届いてうっかり、
店まで足を運んでしまう人はヤバい。


プロパガンダに洗脳されている

可能性が高い。


モノを詰め込む習慣は
けっきょくのところ、

貧乏な習慣から来ている。

それらの習慣を断ち切って、
家にある使わないモノを
今すぐに捨てまくることだ。

それによって晴れてあなたも
幸せなミニマリストになれる。

ミニマリストとは持たない人ではなく、
自己管理のできる豊かな人のことを言う。



BGM♪ / Grateful Dead / Truckin'
笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている32歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000