「無理矢理つくった」好きなことを仕事にしようとすると痛い目に合う理由



こんにちは、武蔵です。

いまだに「好きなことを」
仕事にしなくっちゃ!!

って、

一生懸命に取り組む人を見てると
なんだか胸が痛くなるなぁと。

最近、私のところにくる人たちで、

「好きなことを仕事にするには」
みたいな相談を持ちかけられる
ことが多いけど、

べつに、無理に好きなことを
仕事にしなくてよくないか?

あなたの言う好きなことって、

大して生きてもいない人生で
出会った「好きなこと」なんて
本当に好きなのか?

人間とは愚かなもので、

いま手札にあるカードをどうしても
生かそう必死になるんだけど、

うまくいかないから
やめたほうがいい。

これは足を引っ張るという
意味ではなくアドバイスとして。

よく業界を見てみなよ、

あなたの言うレベルの好きなんて、
五万といるから今更感ハンパない。

・○○ブロガー

・○○コンサル

・○○講師


みたいなのはたくさんいるし、
そのなかで見つけてもらうには、

本物であることが条件になるし、

そうでなければ空いてるニッチな
ポジショニングを取らなきゃ難しい。

お客様とてバカではないから、
あなたの情報やコンテンツを
見れば判断できる。

そこであなたが他の誰よりも、
優れたサービスを提供できる、

絶対の自信があるなら話はべつだが。

明らかに良い商品を持ってるなら、
何かしら跳ね返りは得られるけど、

自分一人で突っ込んでも
負け戦をするようなもの。

なんの戦略もなしに、
いきなり情報発信をして

なんとかしようって、
ビジネスを甘く見過ぎてる。

まぁ、鼻っぱしら打つのは
自分だから良いのかもしれないけど、
時間のロスは本当にもったいないよ。

金銭のリスクやロスはあとで
取り戻せるけど、時間は本当に
もったいない。

あなたのようなアマチュアが
真っ赤な顔をして興奮しながら
突進すると、

だいたいそこにヒョコッと現れた
詐欺師にカモられるか、

詐欺商材を売りつけられるのが
関の山だろう。

そういう連中はある意味、
マーケティングのプロだ。

詐欺商材を良さそうに見せといて、
売るスキルやセールス力が
半端ないからダマされる可能性が高い。

昔、何度かやられた口だから、
忠告としてアタマの片隅にでも
入れておいてください。

プロに相談して、

一からプロデュースしてもらうのが
オススメです。

で、無理矢理作った好きなこと
なんて仕事にする必要ないから。


こちらもちょこちょこ読まれてます。
笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている32歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000