ビジネス書に依存する自己啓発ジャンキーの末路


こんにちは、武蔵です。

書店に行くと、
ビジネス書のコーナーに

新刊もふくめ似たようなタイトルの
自己啓発本がこれでもかって具合に
たくさん置かれてます。

自己啓発本にかぎらず、

奇抜なデザインに
目を奪われるようなタイトルで
魅力的な本が多いけど、

そのほとんどがどれも
似たり寄ったりな内容で

切り口を変えて過去に言われているような
ことに色付けしたものが大半ですよね。

代表的なフレーズとして、

「行動しろ!」
「努力しろ!」
「もっと頑張れ!」

この3行に集約できそうなものに、
蛇足で300ページにわたって著者の主張が
展開されてるものを買い続ける人、

読み続ける人の心理状態ってどんな
感じなんだろうなぁなんて想像するけど、

自分の気持ちを代弁してくれる
著者の極端な言い回しに魅力を感じつつ、

気持ち良くなれるのだろうなぁなんて
思い、立ち読みすることもありますが。

ふだん自分ができないこと、
我慢してること、抑圧してる思いなんかを
派手に言ってくれると気持ち良いですよね。

でも、それで人生変わるのか?

具体的に行動を起こしてビジネスに
活かせた人は幾ばくかのお金は稼いだかも
しれないけど、

それはその本じゃなくても
「何らかのきっかけ」さえあれば
稼げたんじゃないかな。

ということは、

その人の潜在的なチカラや能力に
依存してるから再現性は低いし、

誰もが同じ結果を出せるわけでは
ないんですよね。

だからこの手の本を読んでも
結果が出ない人って毎月似たような
本を求めて書店に足を運ぶんですよ。

まぁ、有名どこでいえば、

・ホリエモンの「多動力」
・田端信太郎の「ブランド人になれ!」

なんかがまさにそう。

目次だけ読んだら想像つくから
読む必要がない本の代表作です。

読んだ後の爽快感みたいなものは一時的に
感じるけど、それは読んだその瞬間だけで、
次の日には消えるんですよ。

だからまた次の一冊を探して
自己啓発ジャンキーになるんです。


まさに合法ドラッグですね。


目的が知的エンタメのためや、
ブログのネタ探しにとかなら別に
良いと思うんです。

でも、そんな目的で自己啓発本を
読んでる人なんてほぼいないですよね(笑)

それこそ、7つの習慣を何度も読んだ方が
人生を変えるインパクトはあるでしょうし。



で、

最後にぼくから自己啓発本より使える
具体的な行動のアドバイスになりますが、

まず、この手の本の一番マズイなって
思う部分が出来事の意味付けを変えろ!
って、よく言うじゃないですか?

いや、できたら苦労しないでしょ?ってね。
それが出来ないから困ってるのに。

たとえば、よくあるのが


出来事が起きる
反応する/感情が出る
意味付けする/ポジティブに


最後の部分は解釈するともいうけど、
一度感情が出てしまったらポジティブに〜
とか無理じゃない?

めっちゃイライラしてるのに、
感情を抑え込んで笑顔で〜とかできる?笑
無理でしょ、普通に考えて。

だってアドレナリンが
出ちゃってるんだもん。


※まぁ、厳密にいえば、普段から
ストレスをうまく対処してれば余裕が
生まれるから対応できるんですが


で、

これをどうやってコントロールするのかって
いうと、出来事じゃなくて前提にフォーカス
すれば良いんじゃないかなって。

出来事が起きる前に、モノゴトにおける
前提ならコントロールできるんですよ。

前にもブログに書いたけど、
自分にも期待しない、人生にも期待しない
っていう前提があると、


(前提のマインドセットありき)

出来事が起きる
反応するけど期待してないから
感情的にならない
自由に行動できる


感情や不安にコントロールされないように
するには、前提をコントロールすればいい。

じゃあ、その前提ってどこからくるのか。

あなたの脳からきてるんですよ。

脳のなかって、

過去の経験/体験
過去の知識/知恵

が蓄積されてる場所だから、
行動を変えるならやっぱり
経験や体験を変えて、

頭に入れる知識や知恵を
変えるしかないんですよ。

これがないと同じものを見ても
視点が変わらないかぎり、

過去と同じパターンの反応しか

できない人間になるんです。


だから、

多くの人はビジネス書や自己啓発本を
読んだところで、人生が1ミリたりとも
変わらないんですよね。

そういった情報を抽象化して自分の知識や
知恵に変えられる人はもう行動してるから
本がなくても自分一人でゴリゴリやって、
人生を変えれるんです。

繰り返しますが、

出来事の意味付けを変えられる人は
感情もモノゴトもコントロールできるけど、

そうじゃない人は前提をコントロール
することにフォーカスした方がいいですよ。

前提って、わかりやすい言葉でいうなら
あなたが今掛けてる色眼鏡のことだから。

その前提知識や
見方が変わると、

同じことが起きても反応しなくなるし
冷静にどう反応してアクションするか
自分で選べるようになるんですよ。

感情をコントロールするより
そっちの方が楽だし自然ですよ。

そのために知識はいるし、
生きる知恵は必要だから

体験や経験することが重要だよって
話を今回はしました。

知識って脳のなかにあるから、
その前提が変われば、あなたの反応が
変わるのはごく自然なことだし、

あらゆることを網羅してたら、
いちいち感情的になることなんて
ないんですよね。

感情的になる理由は自分が無知だから
って理解しておくといいですよ。

無知=情弱

弱=感情的


で説明がつくかと思うので、
その視点でインプット&アウトプット
しましょう。

手前味噌になりますが、

自己啓発本をダラダラと
300ページも読み込むぐらいなら

このブログの内容が腑に落ちるまで
何度も読み返したほうが、

よっぽど効果はあるかと思いますよ。





BGM♪ / The hellion/electric eye (KAT live version) / ada rhythm cover

笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている32歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000