愛される上司とは


いつだったか人生や生き方について
こだわりを持った方が良い!!
みたいなことを言ったけど、

勘違いしちゃいけないのが、
それを相手に押し付けるのは
どうなのかなって。

自分の生き方やスタイルに
こだわりがあるのはカッコイイけど、

それは自己完結させる話であって
他人を強制的に巻き込むものではないよね。
結果的に巻き込んでたんならいいけどさ。

で、たまにこんな人を見かける。

自分より立場の弱い人
まぁ部下や後輩でもいい。

そういう人に対して、

こだわりを押し付けたり
我欲を押し通すために
無茶振りしてる人がいる。

相手はそれをされると困惑するし、
恐らく迷惑だろう。

自分の価値観にないものを強制されたら
ストレスも感じるし、そこでの人間関係が
イヤになるよね。

ということが想像できず、

「おい、オレの話を聞け!!」
「オレの言う通りにしろ!!」
「何で言った通りに動かないんだ!!」

こんな言葉を吐いてしまう。

自分の我欲が強過ぎるがゆえに、
そこで承認欲求を満たそうとするから
人間関係がうまく構築できない。

自分のニーズばかりを押し通すと
相手との関係性は崩れるし
仕事では連携がうまくいかなくなる。

これを逆さまにしたらいいんじゃないかな。

相手のニーズに集中し、
何に困っているのか本気で考えて、
それをしてあげる。

これだけで相手はとても喜ぶだろうし、
仕事なら部下や後輩は喜んで
あなたの言うことを聞いてくれるだろう。

なんだかうまくいかない人を見てると、
相手を怒りの感情で押さえ付けて
無理矢理コントロールしようとするもんな。

そりゃ、うまくいかんわな(笑)

仮にうまくいったとしても、

相手は痩せ我慢してるから
ストレスを感じてるだろうし
メンタルも体調も崩してしまうよね。

そうではなく、

相手が気持ち良く過ごせるためには
どうしたらいいのか?

相手のために自分は何ができるか?

この人はどうしたら喜んでくれるかな?

って、考え始めたら、
ほとんどのものごとは
うまくいくと思う。

再三言うように、

相手のニーズに集中することで
結果的に自分のニーズも満たせた
なんてことは往々にしてある。

あなたが集中すべきポイントは、
自分のこだわりや我欲を
相手に押し付けることなのか?

それとも、相手のニーズに集中して
それを叶えてあげることなのか?

胸に手を当てて考えてみてください。
笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている34歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000