『やるか、やらないか二択にひとつ』



色々な人と関わっていくなかで、
人生がダメになっていく人と、
そうでない人のパターンや傾向が
わかるようになった。

もうひとつ付け足すなら、運が良い人と
いつみても幸が薄いひとには理由がある
のだなと。

まぁ、みんな自分の持ち合わせてる材料を
レシピ通りに調理して、その通りの現実を
つくってるんだけどね笑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

被害者その①「○○された!!」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「わたしはあの人に○○された!!」


って、大騒ぎする悲劇のヒロインは、
○○された!って、被害者意識を持ってるから
潜在意識(無意識)に「私は被害者です」って
認識させて自己催眠をかけてるんだよね。

本人は気付いてないけど笑

脳は自分のことを「被害者」という
認識をすると、その人のアイデンティティに
対してウソつきにしないよう仕事をする。

内側(思考)と外側(現実)を合わせる

ように働きかけるわけだ。

ここで言う内側とは、

「わたしは○○された!!」

つまり、被害者意識を持った思考パターンだ。

脳の役目は内側(無意識)通りに、
外の世界(現実)を合わせようと
働きかける。

ちまたでは、

引き寄せの法則と呼ばれているが

それといって差し支えはないだろう。

カンタンにまとめると、

① わたしは被害者だ!!と叫ぶ
② 自分のアイデンティティは被害者になり
③ 現実世界で被害者になるよう脳が仕向け
④ 被害者でなきゃならないので引き寄せる
⑤ 引き寄せた結果→私は被害者だ!と叫ぶ
⑥ 無意識下における認識パターンの完成
⑦ 私は被害者だ!!と不幸の無限ループに

不幸になるための7STEPの完成である笑

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

被害者その② マイルドヤンキー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

こうゆう思考の人を観察していると、
やっぱり被害者意識を持ち合わせた
同じような人種で集まっては群れて、
傷の舐め合いをしていることが多い。

不幸や事故、スキャンダルにやたらと敏感で、
他人のうわさ話を好み自分の経験にないことが
起きると、過去ベースでモノを見ては嫉妬して
怒り狂って敵を探し、その対象を見つけるや
いなや、一心不乱に攻撃をしまくる。

政治批判とかしまくるヤツも同類だ。

その場の雰囲気にノッかる軸のない連中は、

度が過ぎるとテロや戦争を起こす可能性も
否めない。

教祖と呼ばれる、いちばん偉い人の言うことを
何でもかんでも「ハイ、ハイ」聞いてしまう
ような情弱は、正解と呼ばれるものがあると
本気で思い込んでいるため、そうでないものが
目の前に来たとき「これは異物だ」と認識し、
攻撃を始める。

まさに、オウム真理教の教祖・麻原彰晃が、
洗脳で信者に仕向けさせた地下鉄サリン事件は
これに該当するだろう。

話はずいぶん飛躍したけど、
高学歴で"世間から頭が良い"
と言われるひとほど罠にハマりやすい。

オカルト、インチキ商法、詐欺商材に
引っかかる連中もこういった、

マイルドヤンキー的な思想を

持ち合わせていることが多い。

まず持ってる視点が少なすぎる、
情報のなさ、人脈のなさが視野を狭める
主な原因となっているだろう。

そんな彼ら彼女らは、

典型的なマイルドヤンキーといえる。


外から入ってきた異物を受け入れられない、
身内であつまっては傷の舐め合いをする。

アファメーションを唱えまくる
ババアたちもこの思考の人間が多い。

キレイゴトを並べるわりには、

「わたしはあなたに○○してあげた」

と、傲慢な態度で正論を振りかざすバカは
テイク思考(奪う)で愚の骨頂である。

「友情・仲間・絆(キズナ)」


特にこの三拍子を強調する人間は、
マイルドヤンキーであると同時に、
何らかのコミニュティに属すると
教祖にあっと言う間に洗脳される。

そして、教祖または「アニキ!!」
と呼ばれるその人の言うこと以外は
認められず、許容しないため、とにかく
他人を否定し、自己肯定をする。

自分の正解を外の世界と照らし合わし、
一致しないものは全て排除しようとする。

ネイション・ステートの古い幻想から
解放されてない連中の行動パターンは
もはやお決まりである。

・家族でダイ○ー(100均)に行き
・フットワークは重く
・遠方に思いつきで旅に行かない
・地元以外に引っ越しができない
・変化をとても嫌う傾向にあり
・仲間と群れては思い出話に花を咲かせる


自らの人生に対して、能動的でない人が
多いのも一つの特徴としていえる。

起きた現象に受動的な解釈をして、

イライラしたり、
一喜一憂したり、
落ち込んでみたり、

「アイツのこう言うところがダメなんだ」
「あの人のここは○○だから、こうしろ」


とか、

古い幻想にいつまでもシガミつく連中は、
メインストリームから取り残され、
苦境に追いやられる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

被害者その③ あなたも我慢しろ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いわゆる、‪「貯蓄型思考」の人間は、
私のような生き方や遊び方を全力で
バッシングしてくるが、否定する裏には
嫉妬心がある。

自分はお金も使わず、コツコツと貯金をし、
欲しい物も買わずに「がまん」してるのだから
あなたも苦しい思いをしない‬なんてオカシイ
といった具合だ。

いわば、自由であることは罪で、苦労し、
汗水垂らしてガムシャラに働くことが仕事で
30も過ぎたら、地に足を付けてどうのこうのと
言いたいのだろうけど、まぁうるさい。

自分でブレーキペダルを踏み込んでて、

前に進まないのは、あんたのせいだ!と、

言わんばかりにこちらを批難する。

そんなにやりたければ、自分もやれば?
としか言いようがない。

ようは、

自意識過剰だと思い込みも強くなるし、
ただの出来事をトラブルに変換してるのは、
自分の幼い思考パターンだと認識しないかぎり
相手のせいにし続ける。

起きてることの解釈を「誰かのせい」だと
思い込んでるうちは成熟はしないだろう。

被害者である自分が可愛くて仕方がない、

それでいて「救いようのない私を見て!」

と、同じところをグルグルずっとまわって
詐欺的ペテン師のような連中とクダ巻いてる
のは大馬鹿者としか言いようがない。

欲求不満なんだろう。

そんな不幸な連中とつるんでることが
まず愚かで、そして私みたいな1人の人間を
攻撃の対象にし、そこで陰口を放って大量の
時間を消耗し、言い続けた自分たちは、
最終的には疲れて息切れをする笑

言われる私は無視をするか、それを怒りから
やる気のエネルギーに変換してるのでプラスの
パワーでカラダは満たされる。

一方で、

批難を繰り返す連中は潜在意識にどんどん
悪い言葉を羅列するハメになるので、
本来は起きてほしくない現実を引き寄せ
まくって勝手に自滅する。

まさに人生の縮図が見えている。

する必要のないことをし、勝手に消耗し続け、
ありもしない幻覚を見て批難→自爆。

だから顔を見て幸が薄い人とかって
なんか運持ってなさそうだなぁって、
だいたい思考や行動パターンが透けて
見えるんだよ。

つまり、

こちらはそんな人たちに近付くわけがなく、
その人たちは冴えない同じ顔ぶれの連中と
つるんでるでしょ。

表情に幸が薄いなぁってのが出てる人って、
見るからにオーラもないし貧乏くさいんだよ。

過去からの選択しかしないため、
決断なんてものは人生で1、2回しか
しないだろう。

そうゆうのって顔見たらわかるよ。

だから、

貯蓄型思考の人間は、

投資型思考の人間を

見つけると全力でバッシングする。

キャパシティが狭いヤツは、
他人のことを許容できないからね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後はやるか、やらないかだ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここまで長い文章を書いて終始批判ネタは
面白くもなんともないので、私なりに役立つ
トピックをばら撒いてシメます。

いまの時代は「貯蓄型思考」より、
圧倒的に、「投資型思考」の方がより
楽しめるのは、もはや説明不要だ。

リスク、リスクと騒ぎ、
目の前の楽しみをガマンしては貯金に
走る連中は、やっぱりカネのことをわかって
ないのだなぁと思う。

貯金して通帳に刻まれる数字は、
貯金好きや趣味の人には申し訳ないが、
ガマンした時間の数値がただ記入されてる
だけなので、あれを見てニンマリする人は
正直アホだなと思う。

資産をある場所からある場所に移しただけで
あり、貯金は資産が増えるわけではなく
ガマンした時間の数値が刻まれていくだけだ。
 
たまに、

起業して月収100万とか言いながら、
通帳の写真とかFacebookに載せちゃってる
連中とかいるけどホントさむいし、
世の中のこと何も知らない情報弱者なんだなぁ
と思う。

ビジネスにしても何にしても、
やっぱりセンスは出るなぁって
つくづく思う。

話をもどすけど、

預貯金とは銀行側から見れば、
「貸し付け」であり、カネがなくて
困るのは私たちではなく、金融機関側だ。

バランスシート上では、こちらの預貯金とは
銀行側からは負債の部に入る。

「いざというとき」っていうのは、
一種の洗脳でしかない。

「老後のために貯めましょう」


人々の不安を煽って心理を動かしてるのも、
銀行や郵便局に貸し付け(貯金)をさせるため、
煽り文句のプロパガンダを打って大衆を
動かしているだけだ。

老後の保険などのゴミ商品もこれらと同じ、
水素水や変なサプリメント、マルチ商法に
ハマる情報弱者の連中も基本的にはこの辺りと
同じプロパガンダにやられている。

「●●するとあなたは得、しないと損する」


ありふれたフレーズでフィクションを打ち出し
人々の不安を煽って得をしようとする。

貯金の話に関していうと、

日本で郵便貯金制度が始まったのは明治時代、
普及したのは昭和初期だ。

戦費調達に困った政府は、銀行や郵便局に
預けられた国民の預貯金を使うようになった。

ようは、

一円でも多く国民に戦費を差し出させるため、
あらゆるキャンペーンを打っていたのだ。

貯蓄を促すポスターなどの広告はすべて
これらのためだ。

このとき出来た概念がおなじみの

「貯金が美徳」てきな思想だ。


それを、親、親戚、学校からの洗脳で
「いざというときのために、貯金しなさい!」
と子供などに押し付けるのだ。

いまだにネイション・ステートの古い幻想に
とらわれている連中は、これこそが正しいと
言わんばかりに他人に押し付けまくっている。

あなたが生活費を削って、目の前の
「いま」という時間をおざなりにしながら、
国家の戦費調達のためにガマンしなければ
ならない理由はまだあるのだろうか?

あるとするなら、「いざというとき」
というくだらない概念のためだろう。

では、

そのいざというとき、とやらは
おおかたこんな所だ。

・転職したとき
・結婚したとき
・子供ができたとき
・病気になったとき
・家や車の維持費
・リストラされたとき
・定年退職したとき

なぜ、これほどまでに
いざというときのためにガマンするのか。

刷り込みによる、強迫観念がほとんどだ。

ちまたのメディア、テレビ、雑誌、
起業セミナー、●●塾とかでも、
これらのプロパガンダを利用し、
人々の不安を煽って、大衆心理に漬け込み
一儲けしようという魂胆が見え見えだ。

ホントにくだらない。

SNS上に溢れかえるゴミ情報のほとんども、
情報弱者から搾取しようとする、デキの悪い
ビジネスパーソンによるものがほとんどだ。

私がいま、ビジネスパーソン向けに
コンサルティングをしてるのも、

やはり、こういった思想や常識を破壊して
人々をシガラミから解放し、自分の人生を
能動的に楽しんで歩んでほしいという願いが
あってこそ。

じゃなければ、批難をされてまで
やらないだろう笑

やりたい理由、やってる理由は、
そこでやりがいと充実感が得られるからだ。

何よりも楽しい。
これ以上理由は必要ない。

けっきょくは、このブログを読むあなたが、
決断をし、今まであきらめていたことに、
もう一度チャレンジをし、決断をするか
どうかだ。

やるか

やらないか


ただ、それだけだ。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。
自分の人生を歩もう!!

現在、ビジネスパートナー(残り7名)、
コンサルティングを受けたい方を募集して
ますので、気になる方はメッセージください。



オーバーキルやっぱいいな♪聴いてね↓↓
BGM♪ / OVERKILL / Shine On




常識を破るのに必須の一冊です




視野を広げるのにオススメです
笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている32歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000