アタマが「良い人」と「悪い人」の話し方


こんにちは、武蔵です。

いろいろな人と話してて
思うことがあります。

「成功したスゴい人の戯言」
ひけらかしながら会話する人は、

知性と権威を全面に押し出したいのか、
説得力がないなぁと感じる。

なぜかといえば、

例え話で成功事例を持ち出すのは、会話の内容をわかりやすくするためのものであって、「他人の権威」を持ち出すということは、自分に対する自信のなさの現れであり、愚か者であることを広めているだけだ。


自分に自信があれば、
他人の自慢話はいちいちしない。

他人のうわさ話が好きなヤツも
この手のタイプの人間に多い。

知識と知恵のない自分を、
高価な包装紙でかざったところで、
無知さが際立つだけだ。

下品きわまりないとは
このことだろう。

モノゴトの本質を理解せずに、

古臭い道徳をふりかざして 
説教をするジジイとババアは
ハッキリ言ってウザい。

時代遅れであることを自覚せずに、
古い価値観を押し付けるのは
典型的なバカのすること。

相手をコントロールしようと
必死こくのはわかるが、
かえって見苦しくなるだけだ。

格言やことわざを連発する年寄りも、
自分の哲学がないから、
やたらと権威を持ち出したがる。

人は権威に弱いし、
なぜか流される。

そりゃそうだよね、

なんとなく凄そうに聞こえるから
とりあえず従っておけば、
思考停止で楽に生きていけるからね。

ほんと、

使わなくなった脳みそは
どんどん退化して腐ってくよ。

感情論に走る人は暴言を連発して
相手をねじ伏せようとするが、
これも逆効果でしかない。

強い言葉を発して怒鳴ることで、
相手が萎縮すると思ってるらしいが、
言われた本人はあきれてるだけだ。

昔ながらの道徳をいまだに信じ込み
それを押し付ける人は進化がない。

時代遅れをネットで取り戻そうと
してる人が目に余るけど、

自分のアタマでモノゴトと対峙し、
問題と向き合って思考しなきゃ
論理や哲学は生まれない。

読書で聞きかじったことを
並べたところで説得力が
生まれないのはそのためだ。

さまざまな問題や悩みにぶつかり、
もがいてもがいて生まれてくるのが
その人なりの世界観だ。

自分の世界観は残念ながら、
経験や体験ベースでなければ
すべて虚像されたものにすぎない。

キャラが薄い人や生命力が
ない人はもがき足りないから
オーラがなくて薄っぺらい。

やたら群れたがる人は、
生命力の弱さ所以だ。

自分は経験豊富で知識がなんでもある
っていう人ほど心理的盲点だらけだ。

けっきょくのところ、

知的なのか、愚かなのかは
会話にすべてが現れる。



BGM♪ / Lamb Of God / Set To Fail

笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている32歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000