専門用語を使う不自然な人たち


先日、YouTube内をネットサーフィンしてて
あることに気が付いた。

ビジネスとか人生哲学的なカテゴリーの
連中を見てると違和感を覚える。

見た目が整ってて、
饒舌で、
話の組み方や展開がうまく、
知識が豊富、

だけど言葉の余韻が軽過ぎる。

こういう人たちがあまりにも多く、
共通項としては専門用語のオンパレードで
さながら、知識偏重のオナニーマシーンだ。

おそらく、本人は気付いてないだろうが
知的コンプレックスか、
学歴コンプレックスを抱えてるのだろう。

いろんな理論や他人の言葉、
それからエビデンスを出してくるが
とにかく、内容がこちらに入ってこない。

こういう人いるよね。

なんでかなぁって考えてたけど
知識を詰め込みまくる連中は
総じて感覚とか感性がないんだよな。

自分の汚い部分や卑しいところ、
それにエゴなんかを知識とか
理論武装で隠そうってな魂胆だ。

酷いヤツになると、
他人の看板や資格なんかで
取り繕ったりするよね。

自分を凄そうに見せようとして。

そうやって凄く見せることで、
一人でも多くのお客さんを集めて
自分が得することしか考えてない。

ちょっとでも多く、たくさんってね。

薄汚い連中のやることは
大体相場が決まってる。

YouTubeやってる人なんかも特にそうだけど
自分のツラ見たことあるのか?

酷い面構えしてるぞ。

台本を用意したようなヤツが
自然体について語ってみたり、

中身が伴わないのにフレームみたいな理論で
ガチガチに話を固めちゃう人とかね。

そういった不自然極まりない人たちが
こぞって専門用語ばかりを使うから
じゃあ、俺は一切使わないでおこうと思ったね。

言葉に余韻がないのは体験が乏しいからで、
会話に深みが出ないのは
情緒がまるで身に付いてないからなんだよな。

そんなヤツが人生について語るのは
少し早くないか?

いや、語るのは自由だが
それを有り難がって
聴いちゃう人がヤバい。

今回の内容と似たようなのを
動画で撮ってみたので、
そちらの方がいい人はお好きにどうぞ。
笹崎武蔵

実はコーチ歴7年。無資格、無所属、無集客の三拍子理論を初めて打ち出したコーチングしないをコーチ。売れないコーチに売れる秘密も教えるコーチングアドバイザー。生き方、遊び方、稼ぎ方、この辺りが得意分野。

0コメント

  • 1000 / 1000