いつも時間がない人へ「その行事、参加するのやめれば?」


こんにちは、武蔵です。

「忙しい」とか「時間がない」が口癖になっている人をじっくり観察していると、あることに気が付きます。

それは、不必要なイベントや行事ごとの参加で、予定をパンパンにしてしまうということです。

なぜ、空いてる時間やスペースをパンパンに埋めてしまうのかといえば、頑固でおバカなプライドをいつまでも手放せないでいるからなんですね。

何かを得るためには、何かを手に入れる、何かをする、少しでも多い方がいいといった、貧乏マインドがそうさせてるんです。

わかります?

「時間がない」といっておきながら、不必要な人間関係に振り回され、不必要な行事やイベントに参加をして「忙しい」アピール。

うだつの上がらないこういった人は、物理空間から情報空間にいたっても整理整頓ができないんですよ。

だからムダなものに囲まれて、ムダなものに振り回されて、人生がムダだらけになってるんです。

「時間がない」とか「忙しい」って口にするたびに、自分の潜在意識に「時間がなくて忙しい私」を刷り込んで、無意識的に習慣として時間をなくすような行動、忙しくなる習慣をやっちゃってるんです。

あなたの潜在意識は、自分で考えた通りの人間になるよう、ちゃんと無意識レベルで働いてくれてるんです。

それなら、その逆の人間にもなれるってことぐらいはおわかりいただけますよね?

冒頭の方でもお伝えしましたが、人生戦略というのは、何かを増やしたり、何かをやることじゃないんです、何をやめるか?なんです。

やめたうえで空いたスペースに何を入れるのか?が、さらにハイクラスな人たちがやっている人生戦略になります。

何かをやればやるほど、何かを増やせば増やすほど、あなたの時間はどんどんなくなり負のスパイラルから抜け出せなくなります。

そうなる前にシンプルなタイムマネジメント術を覚えて、今日から自由な時間を確保して「ヒマだよ」が、口癖になるぐらい豊かな人生を送れるようになってみてはどうでしょうか。

以上のことを踏まえたうえで、本題に入りますね。



その行事参加するのやめれば?



特に年末年始となれば、家族ぐるみで親戚の行事に参加したりする機会が増えますよね?

それ、毎年やる意味ってなんですかね?

私はもう何年も前から親戚の行事ごとやら年末年始のイベントは一切参加していません。

故郷に帰る的なやつもしてないし、この時期にあえてやるのが馬鹿らしいなぁと。

やりたいその時にやるのがベストでしょ?ってのが私の考えです。

混雑する時期にわざわざ混雑する場所に行ったり、混雑する行事に参加するのって運を下げるだけなんですよ。

ショッピングモールで格安のバーゲンセールとかやってると混雑してますよね?

あれと同じで、あんなところに自分から突っ込んでいくと運が下がるし、負のオーラが移ってさげまんになりますからね。

話が逸れましたが、親戚の誕生日会とか、PTAの役員会だとか、近所の子供会、ミカン狩り、イチゴ狩り、タケノコ掘り、親戚で集まってキャンプ、こういったものに参加するのをいったんやめてみてはどうでしょう?

次から次へとキリがないんですよ。

パターンの中断をして、流れを変えないとあなたはいつまでたっても「時間がない」を口ずさむことになります。



時間のブロックを確保しよう



大原則として予定の入れ方は、月曜の午前から詰めて、それが無理なら月曜の夜、それが不可能な場合は金曜の夜に予定を入れます。

それ以外の日に何の予定も入っていなければ、自由な時間のブロックがまとまって確保でききますよね。

予定の入れ方は基本そのようにすると自分の時間はつくれますが、そもそもとして予定をめいいっぱい詰め込むことが間違いなんです。

予定を入れてない日は自分を磨くなりインプットする時間を確保して、むやみに人に会わないことをオススメします。

普段から「時間がない」って口癖のあなたに、時間のある「ヒマ」が口癖の豊かな人が会ってくれると思うのでしょうか?

そういう話です。

予定が入ってないとダメな人をけっこう見かけるんですが、あれはなんなんでしょうね?

自分にとって幸せを感じる時間や、仕事を含めて刺激的な時間ならどれだけ詰めても良いとは思いますが。

土日しか休みがなくて時間が取れない人こそ、金曜の夜から日曜は何の予定も入れない方がいいんです。

なぜかというと、面白そうな人、コトに恵まれて誘いを受けたときに何の予定もなければすぐに飛んで行けますよね。

常に予定が入ってるとそういった、人生で起きる予想外のできごとを楽しめなくなるんじゃないかなって。

あらかじめ決まっているものより、急遽ピンときて行った場所で会う人の方が人生を変えるインパクトってあったりするんですよ。

予想外のできごとって意外性もあるし、予測がつかないからハラハラして面白いじゃないですか。

つまり、予想外のできごとは時間のブロックがあるからこそ楽しめるんですよ。



貧乏マインドを変えれば人生は変わる



時間もなく、時間のつくり方も知らない人間が誰かから面白そうなことに誘われますかね?

私だったらそんな人を面白そうな話があっても、わざわざ誘うことはしないかな。

時間がないのはしょうがないとしても、時間があるような人生に改善しようってマインドのない人間を誰かが何かに誘うことってないんじゃないか?ってことです。


そういうマインドだと時間がないどころか、チャンスも見逃して、人、運、お金からも見放されてロクな人生にならないんじゃないかなって思うんです。

受け取ることに精一杯で求めるばかり、余裕もない、時間もないような人は一生忙しいだけの人生になりますよ。

いつになったらその時間の使い方をやめます?

いつになったらその予定の入れ方をやめます?

いつになったらその人生のパターンを中断します?

最後になりますが、行事や予定を入れるな!参加するな!と言いたいわけではありません。

行きたくない予定や行事なら参加しなくていいし、世間体を気にしてまわりに合わせなくてもいいよって話をしてるんです。

身内の付き合いであってもピンとこなきゃ断る!これがお互いにとって良い関係を築くコツですよ。

もちろん、年末年始は家族に会ったり、親戚に会ったり毎年恒例行事なんかもあるでしょう。

行かないよりは行った方がいいのかもしれませんが、私は行きたくないのであれば行く必要がないといってるんです。

どっちでもいいんです。

でも、どうせ参加するなら楽しめるように工夫すればその時間はあなたにとって楽しいひとときになりますし、心が豊かになる時間になるんです。

考え方ひとつで自由な時間にするのも、不自由な時間にするのも、けっきょくのところ、あなたのマインドが決めているんですよ。

そのことを意識してイベントを楽しむなり、行事を楽しむなりしてみてはどうでしょうか?

それでも時間がなく、忙しいと感じるのであれば予定は一切入れないことをオススメします。

何も予定がないっていうのは一見するとヒマそうに見えますが、捉え方次第で豊かな時間になるんですよ。

空いたスペースというのは、物理空間の観点でいえば美しく見えますし、情報空間の観点から見れば余裕があって美しいとも捉えられます。

どっちにしろ、美しいんです。

たまには予定調和から外れた、パターンのない豊かな人生を送ってみませんか。



考え方は変えられます、何かあればご相談ください。

笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている32歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000