人生でミスらない「判断力」の磨き方


こんにちは、武蔵です。

人生で決断を迫られたとき、
もっとも重要になるのが判断力だ。

情報
判断
決断
行動

ものごとのセオリーとして、
この順序で進んだ場合において、

自分のアタマの思考回路で判断して
その行動が成功につながるだろうか?

野球で例えよう。

経験も浅く、場数も踏んでいない
人間がいきなり「プロ野球選手になる!!」

と意気込んだところで、
うまくいかないのと同じだ。

だってあなたがキャッチボールしか
やったことがないならどうだろうか?

バットの素振りしかやったことがないのに
球を打てるのだろうか?

野球のルールはおろか、

試合すらしたことのない人間が、
なぜプロと同レベルでできると思うのか?

こんな、小学生でもわかる謎解き問題を
オトナであるあなたがミスるのにはやはり
理由がある。

それは読書量が少な過ぎることだ。

あなたがうまくいきたい業界で、
すでに結果を出している人は誰なのか?

自分の思考パターンに通づるものを
感じる人をメンターにし、

その人の本なりコンテンツを
しゃぶり尽くすことが先決だよ。

それすらしていないのに、

成功したことのない自分の思考回路で
ものごとを判断するわけでしょ?

それで決断すればスッ転んで
アタマも打つよね。

まぁ、そういう人間は何回か
アタマを強打するぐらいが丁度いい。

それで目が覚めるなら。

また自分の判断でミスりたくないなら、
先ほど伝えたやり方で、

あなたの思考回路と判断軸を
磨きまくるしかない。

読書→判断→決断


このサイクルを回すことで
判断軸に圧倒的な磨きがかかるし、

あなたの成長スピードも
逸脱したものになるよ、きっと。

直接会えないにしても心のメンターを
見つけてコンテンツをしゃぶり尽くそう。



ピンと来た方はこれがヒントになるかも。

笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている32歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000