「逃げる」より「変える」ことを選ぼう


こんにちは、武蔵です。

この時期になると、
就活している子が目立つ。

将来を思い煩って不安になったり、
過去にとらわれて恐怖を感じたり、

親が望む「安定」のために何となく
受かった会社に就職したり。

でもそれって、他に選択肢があったら
違うこともやるんじゃないかな?って思う。

就職することがわるいって
言ってんじゃないよ。

それは経験としても必要だし、
メシを食うためにも必要だし。

だけど、

世の中のルールも教えてもらえず、
自分の武器もなんにも持たず、

それがまるで人生のすべてを決めて
しまうかのような覚悟をもって
社会に出るわけだけど、

前に進むことだけが

必ずしも正解ではないし、
正しいことでもないってこと。

その社会に出て就職することが
前に進むことだとしたら、

そうすることであなたの心は

安心するわけだな。


だから、これって逆の言い方をすると

「逃げる」ことだったりする。

一番安心できる道を選択して、

しかも、親が望む「安定・安心」だから
それってあなたの心の声が望んでるものと
違うんじゃないかな。

つまり、

望んでいない他人のための就職や、
前に進むことは逃げてるってこと。

で、

本当の意味で目の前のことがイヤなら
逃げてしまってもいいってことなんだ。

だってそうでしょ?

嫌なことを無理矢理やっても
ストレスが溜まるし性格も歪むから、

将来、縦ジワの多い陰気臭い
オトナになってしまうんだよ。

だから、現実を変えるなら
前に進むことだけが正解ではないし、

目の前のことから逃げることで、
脇道で現実を「変える」ことも
できるってことを知っておいてほしい。

繰り返すけど、

行動として逃げることを選択すると
現実を変えることにもなるってこと。

目の前の安定した道に進むことが
本来は現実から逃げてるわけだから、
そうじゃない道を選んでほしい。

ぼくみたいな、どこの馬の骨とも
知らんヤツに指図されたらカチン!
とくるかもしれないけど、

1つの知識として、

「逃げる」ことは現実を「変える」
ための選択肢としてあっていいって
覚えといてください。

今回はそんなあなたのために
特別な音声コンテンツを作ったので、
気になる方はぜひ。

この機会に知恵と武器を手に入れて
人生を力強く歩みましょう。

こちらからチェックしてみてください。



こちらの記事も合わせて読むと

ストン!と腑に落ちます。

笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている32歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000