SNSは「いいね」を欲しがる麻薬中毒者の危険地帯


こんにちは、武蔵です。

最近は意図的にSNSなんかを
覗くのを数日間やめてました。

たまにやるんだけど
リアルが充実してたり、

身体を動かすのが面白いと、
それ以外どうでもよくなるというか。

要は現実世界で「熱く」なれるものに
ハマって夢中になると、情報空間って
なんだっけ?ってなる。

これは単に重要性が何に向いてるかの
違いでしかありませんが。

で、

SNSを含むネットなんかを定点観測してると
いいね!や、シェアされることをさも、

「認められた」と思い込んで、
勘違いする人たちがいます。

べつに、

熱くなって、承認されて、
喜ぶのは自由なんだけど、

ただ「アツく」なるだけならそれは、
酔っ払いと変わらないよなぁと思って。

まるで、

アルコールを煽ってハイになり、
居酒屋で態度と声だけデカくなる
無能な人と一緒だなぁって。

関係性が薄っぺらい仲間内で「いいね」
という、麻薬のような安酒を飲ませあって
本人をダメにさせてるんじゃないかな。

肝心の本人はますます勘違いするし、
どんどんアツくなる一方で、

ぼくも熱い人は好きだけど、
ただ「アツくなる」だけの人だったら
近寄りたくないなぁって思います。

だって、

熱い人とただアツいだけの人って
全然違いますよね。

さらに、ただアツいだけの人の何が
一番ヤバいのかっていうと、

「SNSで誰々さんが〇〇って言ってましたよ」

ってぼくに報告してくる人がいたけど
ほんとに迷惑だし、やめてもらいたい。

これって、ぼくの言うことが間違いで、
その誰々さんのいうことは正解ってことを
伝えたかったんだよね?恐らく。

こういうプチ教祖を求める人が
ほんとSNSには多いんですよね。

ってか、8〜9割の人はその可能性があるし
盲目的になりやすいってことなんです。

だって、誰々さんが言ってることが
正しかったらあんたは戦争も差別も
平気でするのか?って話なんです。

だって、

ぼくが発信してる内容なんて正しいか、
正しくないかなんてどうでもいいし、
あんたにとっては正しくなくていいの。

むしろそうじゃないとおかしいし。

SNSやブログを承認媒体として使ってる人は
別なのかもしれんが、

ぼくは自分の考えや価値観を投げかけてる
だけであって、そこに認められるかどうか
なんてまったく求めていません。

批判も否定もされてもいいし、
何を言われてもいいと思ってる。

話をもどすと、

あの人はこう言ってました、
あなたの意見とは違いますね、

みたいなことを言う人って申し訳ないけど
アホなんじゃないかと思う。

そんなの報告されても困るし、
あんたが自分で判断しろよって思うわけ。

そうやって人に耳打ちするヤツとか、
人のうわさ話が好きヤツって最終的には
干されてドロップアウトしてくよね。

まぁ、チクるのが好きなヤツか。

口が軽いってことは、

誰からも信用されなくなるし、
誰からも相手にされなくなる。

そんな人がたくさんいるのが
ネットやSNSというお話でした。

もちろん、

スクリーニングして自分の意思で
関わる人、つるむ人を選んでる人は
まったく関係ない話だし、

今回のこのブログをそもそも読む必要も
ないと思います。

ぼくが伝えたいのはそうやって安易に
耳打ちする人とか、口が軽い人です。

ネットもSNSも便利だけど、

周りに流されて承認されることを
目的に「いいね」を欲したり、

そんな目的でSNSをやってアツくなると
ただの酔っ払いになって破滅を招きますよ
っていうことを伝えたかったんです。

人生において何かに打ち込んで
熱くなるのは良いと思いますが、

ただアツくなって酔っ払いになるのは
危険なので気を付けましょう。

アルコールと同じく、度が過ぎて
ハイになると身を滅ぼしますから。


BGM♪ / Nirvana / Smells Like Teen Spirit (Live at Reading 1992)
笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている32歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000