理由がない方がいい理由


こんにちは、武蔵です。

以前もブログに書いたんですが、
思うに、物事において理由はない方が
いいんじゃないかなって思います。

なぜかというと、

理由は脳が創造する理由だから、
脳にとって最もらしい理由を考える
わけですよ。

たとえば、

何かを買う理由、
何かをやる理由、
どこかに行く理由、
誰かに会う理由、

言い訳もその一つだし、
世の中にはいろんな理由がある。

この「理由」ってのがけっこうくせ者で
一見すると行動の源泉に思えるけど、

人生においては足を引っ張る
要因にもなりがちなんですね。

脳は現状維持が大好きだからというより、
脳はぼくらを現状維持させるためにあるから

新しいことや未知に飛び込もうとしたとき
必ず創造的な理由を考えだすんですね。

それも必ずやらない理由をつくる、
いわばプロなわけですよ。

「〇〇だからできません」
「〇〇だからやめておきます」

といったように、

そりゃ脳が考える最もらしい
理由だから、脳も納得するわなと。

まぁ、ときどきこういうことを言う人にも
遭遇しますが本人も脳の無意識レベルの
創造力には気付かず納得しちゃうんですね。

だから、

理由があるものって例外を除いては
現実化しないんじゃないかなって。

理由があってやれるものは、
理由がなければやらなくなる。

ということは、

理由がなくてもやれるものが
現実化できる唯一のものかなと思うんです。

理由で納得できるものは、
理由が変われば納得できなくなる。

上記でも伝えように、

ぼくたちの脳は理由に支配されてるし、
理由に洗脳されてるわけですよ。

わかります?

ぼくからすれば理由
なんてどうでもよくて、

やりたいからやる、
やりたくないからやらない。

何か執拗に理由を迫ってくる愚か者を
ときどきお見受けしますが、


こんな人に理由を話した日にはコロッと

カモられるので気をつけてくださいね。

ネットビジネスや何かの営業とか
そうですよね、理由を聞かれたら、
理由はありません!でいいんです。

理由で納得させられたら、
大体の人は動いてしまいますからね。

なので、

理由はなければない方が
いいなぁと、ぼくは思うわけです。

もちろん、

その理由によほど強い動機付けがあって、
脳のプライミングが働けばモチベーションや
やる気とは関係なく達成できるとは思う。

その場合の理由はその人にとって
良い方に働くから良いんですけどね。

それはまた別の話になるので、
またの機会にブログにまとめます。

今回は、理由がない方がいい理由
ということについてお伝えしました。


BGM♪ / Beartooth / Disease
笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている32歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000