世の中の成功法則が通用しない理由をまとめてみた


こんにちは、武蔵です。

巷に溢れかえる成功法則は
Googleや書籍を見れば、
いくらでも手に入ります。

でも、成功してる人の方が少ないですよね、
そもそもその言葉自体があやふやですしね。

ぼくからすれば、
「成功ってなんやねん」
って話ですが。

まぁ、それもそのはず、

成功という言葉自体がビジネスに
なってしまってますしね。

それでは、詳しく説明していきますね。



成功への3つのアプローチ



①初期に登場した成功法則は、


「俺はこうやって成功したんだ!」
「人間とは、成功とは、だからこうやれ」

まぁこれの一点張りで、
だからこうやれば成功する、
みたいな時代がありました。

行動主義以前の時代ですね。

②次の時代が、

アンドリュー・カーネギー、
デール・カーネギー、
ナポレオン・ヒルの時代で、

「成功者とはこのように行動している」
「だからお前もその真似をしろ!」

成功している人を観察して、
それらをまとめた本が西洋から
流れてきた時代ですね。

まさに行動主義の時代で、
成功の指針やガイドラインが
生まれたのもこの時代です。

まぁ、書店に行くといまだに
こういう本がたくさん並んでるので、
興味がある人は見てみましょう(笑)

③次が認知科学、認知心理学の時代ですね。

脳や心のカラクリを解明しつつ、
その成果を盛り込んでつくられた
ある種のプログラムですね。

いわゆる、自己啓発と呼ばれるものがあり、
それらに科学や統計の視点からアプローチし
再現性を高めて誰もが扱えるようにしたものが

この認知科学、認知心理学の分野から
アプローチした成功法則になります。

まぁ、成功法則という言葉そのものが
安っぽくてあまり好きではありませんが。


要約するなら、

自分が求める欲しい結果を出すための
メソッドだと思ってもらえると、
しっくり来ますかね。

で、

誤解されると困るので断言しますが、
誰もが扱えるようにカラクリそのものを
解明して再現性を高めたといっても、

誰もが扱えて、
誰もが必ず成功できる
メソッドではない、


ということです。

まぁ当たり前といえば
当たり前の話ですね。

まとめると、

①こうやって成功した
②こうやれば成功する
③成功のカラクリとは


成功のカラクリとは?



ぼくが起業してからビジネスの1つとして
ずっとやってきた分野が上記で説明した
③になります。

世の中的にはコーチングと呼ばれている
士業になりますかね。

とはいえ、

ぼくの場合、特別な資格を取ったり
心理学を専攻したとかまったくなくて、

右も左もわからぬまま、現場でひたすら
場当たり的にぶつかって身に付けたものを
後から知識を入れてまとめた感じです。


直感→論理は後付け


みたいな感じですね。


噛み砕いて説明すると、

「成功のカラクリはこうですよ」ではなく、
欲しい結果を出すためには己のマインドを
いかにコントロールし、

物事がうまく行くときの状態や状況を
つくるための知識や技術を無意識で
コントロールできるようになり、

そのためのノウハウを理解して
誰でも利用できるようにしたものが
コーチングで教えてるものですね。

それが、物事をうまくいかせるための

カラクリということになります。



コーチにも3種類の人がいる



これまで成功法則のパターンを
3つ紹介してきました。

そしてさらに、コーチにも
3種類の人がいるのでざっくり
説明しますね。

①過去に何かで大成功して、
そのままコーチになった人。

②過去に成功はしてないけど、
コーチになって成功者を育てた人。

③上の2つとは異なるけど、
それらの成功パターンやカラクリを解明して
カラクリを学んだことでコーチになった人。

で、このなかでもどの人から
学ぶとうまくいきやすいか?

これがなぜか③番目になるんですね。

詳しく説明すると、
理由は明白で、

①の場合は、その人自身が何か特別な才能が
あったりすると再現性が低くなります。

あらゆる要素がうまくハマって、
必然や偶然をも味方にして成功したなら
その人から学んでうまくいくのか?

って話ですよね。

なので、

教える本人がカラクリを理解しておらず、
カラクリの利用の仕方や説明をできる保証は
どこにもありません。

②の場合は、過去に成功していない人が
コーチになり、プレイヤーをどのように
育て、どのように成功に導いたのか?

成功者を育てることができる、
成功者を輩出することかできる、

でも、このコーチはカラクリを解明している
わけではないので、カラクリの利用の仕方を
教えることができない。

本人が気が付いていないということです。

ということは、

コーチとしてロジックそのものを
説明できないんですね。

ロジック=再現性

なので、

カラクリそのものを解明していないとなれば
カラクリの利用の仕方も教えられない、
となると、これも再現性が低い。

③の場合は、コーチが成功させたパターンや
プレイヤーの成功したパターン、
その両方のカラクリを教えられるコーチ。

それらのカラクリの利用の仕方を
脳と心の認知科学の分野を通して
説明することができる。

つまり、誰もがそのカラクリを扱い、
利用できる状態にまで体系化させたものを
教えることができる、これが③のコーチ。

となれば、

③が必然的に再現性が高いことになり、
うまくいく可能性が最も高いということに
なるんですね。

まとめると、

①と②は再現性が極めて低いが、


③の人はカラクリの利用の仕方を
教えられるので、再現性も高く

うまくいく可能性が高い。


ということになります。

さて、4月になって新しいことを始める人、
いろいろな人がいるかと思いますが、
この機会にコーチングとはなんぞや?


を、


知って、触れて、体感してみて、


体験セッションを通し、
人生がうまくいく理想の方向性を
どのように導きだせるのか?


を知り、


自分がコーチになるのも良いですし、
自分にコーチングをし、プレイヤーとして
うまくいかせるのもオッケーです。

新しい季節、
新年度にあなたが
生まれ変わる

きっかけになると嬉しいです。


コーチングを体感したい方は
この機会にどうぞ。
笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている32歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000