「好きor嫌い」で迷うバカ


こんにちは、武蔵です。

よくモノゴトをジャッジする上で、
じっくり検討したがる人がいる。

「うーん、1日よく考えたんですがやっぱり辞めておきます」


「うーん、1日よく考えたんですがやっぱりやることにしました」


こういう人って、


時間泥棒で、答えを出すまで
相手の時間を奪ってることに
気付いてないんだよね。

てか、

迷う前に、もう答え出てるでしょ?

好きか、
嫌いか、


でいちいち悩む人の特徴は、
とにかく理由や根拠が大好き。

好きか、
嫌いか、

にいちいち理由などない。

よくある、

「〜だからぁ、好き」
「〜だからぁ、嫌い」


こういう、


前提条件をダラダラ語るヤツとか、
理由や根拠を求めるバカはウザい。

好きか、
嫌いか、

にいちいち理由など存在しない。
そんなものは後付けにすぎない。

本能からくる好きって感情と、
直感からくる好きって感情は、
まったく同じで、

そこに理由など存在しない。

私たち人間は、

どうしても、モノゴトに
意味を見出そうとする。

初めから意味なんかないのに。

ある事象に対して
意味をつけたがる人は、

けっきょく、

その理由や根拠が好きなのであって、
対象そのものが好きなわけではない。


ってことは、

初めから好きも嫌いも
ないんじゃないか?ってこと。

つまり、直感や本能からくる、

好きか、
嫌いか、

は初めから決まっている。

・迷った時点でそれは嫌い
・迷った時点で意味を考えている
・迷った時点で理由を求めている
・迷った時点で根拠を求めている

この「迷った」ものはすべて嫌いであり、


自分のアタマで考えられることなんて、
たかが知れているのだから悩む理由など

どこにもない。


要するに、

自分のなかで判断軸を決めていない人は
けっきょくブレるわけよ。

・迷ったら必ずヤバい方だけを選ぶ
・迷ったら好きな証拠だからやる
・迷ったら嫌いな証拠だからやめる


いずれにしても、
判断軸を決めておけば迷わない。

好きか、嫌いかに時間をさくより、
好きなことだけに時間をさこう。

嫌いなことに悩んでることほど、
人生に不毛なことはないよ。



BGM♪ / Grateful Dead / Aiko Aiko
笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている32歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000