「明日も生きよう」って目的を持つ人だけが幸せになれる2つのこと


こんにちは、武蔵です。

よく聞く言葉に、

「今日死んでも後悔のないように生きよう!いまを生きる!」

って鼻息荒く、意気込んでる人の気持ちはわからなくはありませんが、そのマインドだと明日、生き延びるための理由や目的がなくない?って疑問に思いました。

もちろん、

人はいつまで生きて、いつ死ぬかなんて決まってなければ、保証もないので、悔いなく生きようって心持ちはわかるんです。

でも、それだと今を何のために生きてるのか明確じゃないし、何が楽しみなんだろうって思います。

悔いなく生きるってのはやっぱり、結果論だなぁと。



先に目的ありきで結果論オタクにはなるな



最近、結果論オタクが多いなぁとつくづく感じますね。


で、タイトルにもあるように、明日も生きたい「何か」があれば人は生き延びるし、生き延びざるを得ないんじゃないかなって。

その「何か」ってのは人それぞれですよね。

・大好きなことに没頭する時間
・大切な人と一緒に過ごす時間

なんかは代表的ですが、人はけっきょくどんな楽しいことも1人でやるより、同じ時間を共に過ごしたり、同じ空間、価値観をシェアできる相手がいるかどうかなんですね。

そこに幸せを見出せる人は「明日も生きたい」って強く思ってる人でしょうし、結果的に「それなら今を後悔なく生きよう!」ってなるんじゃないかな。

だから、いつも言うけど、みんな順番が逆なんですよ(笑)


ホリエモン信者にありがちな、「今を生きよう」ってのは、生き続けたい目的があるから結果論でしかないんです。


明日も生きたい「何か」が先にくるから、生き延びるために、ムダな時間を使わないように努力したり、ムダを排除したりするんです。

その本質を分からずに、「今を生きる」って目先のことしか見てないから、明日も明後日もうまくいくかどうかわからずに悩む人だらけになるんですね。



直観と五感を磨けば運が良くなる



先ほど、お伝えしたように、「明日も生きたい目的や"何か"がある」人は直感や本能に従うことで運の流れにも乗れるし、生命力も抜群にあがります。

ではなぜ、運の流れに乗れるかっていうと、明日も生きたい目的や理由が明確になってる人は、本能に従って生きてるから直感が冴えてるんですよ、だから本能にそって素直に生きることで自然と運の良い方に行くんです。


わかりやすくいうと、感覚が鈍ってないってことです。


で、これはよく巷にあるようなスピリチュアルやオカルトの話じゃなくて、自然の摂理に則っているかどうかと、それに対する教養を身に付けてるかどうかの差だけなんですね。

動物的な本能が鈍ってる人がほんと多いなぁって思うので、もしあなたもピン!ときたら五感を日頃から磨いておくことをオススメします。

そのためには、

・不自然な食べ物を控えてみる
・新鮮なミネラルウォーターを飲む
・ランニングや筋トレをする
・空腹の時間も意図的につくる
・質の良い睡眠を取る
・一日3回は大きく深呼吸する

この人間として当たり前の行為を取り入れて、五感を取り戻し、本能を呼び覚ませば直感も冴えるし、それらに従うことで運は良くなるはず(笑)

で、あなたが生命力を取り戻して強い人間になると、生命力の弱い人間が寄ってきますが、くれぐれも病んでるような人や、あきらかに”さげまん”だと思う人には近寄らないことをオススメします。

人がたくさん集まる、休日のショッピングモールや車の渋滞、土日の満員電車、人気のパワースポットなんかは、くれぐれも避けたほうがいいのはいうまでもなく。

やむ得ず行くこともあるでしょうけど、あなたの五感がもどってるときは正直キツく感じるでしょう。

現代人のほとんどの人は感性が鈍ってますし、感覚が麻痺してるから気付かないみたいだけど、正直、負のオーラが満載のところには行きたくなくなりますよ、正常な感覚をお持ちの方ならおわかりいただけるとは思いますが。


その理由がわかる日がくると、運の話も理解していただけるかと思います。
笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている32歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000