あなたの人生が退屈なのはどうしてだと思いますか?


こんにちは、武蔵です。

ときどきこんな方を見かけるんですが、どこか人生に張りがなく、面白くないっていつも言ってる人って、面白いことが外から自分のもとへやってくると思っていませんか?

そうですよね、

「毎日面白くないなぁ〜」
「今日もつまらんなぁ〜」
「何で私だけこんなに面白くないんだろう」

そう、

「私だけが、」

「私だけが、」

「私だけが、」


被害者意識がエスカレートすると、
悲劇のヒロインを演じるようになります。

その気持ちすごくよくわかるんです。

かつての自分がそうでしたし、もしかしたら今も感情的になると外に原因を求めることもあるかもしれません、お恥ずかしながら。

でも人生の99%は、あなたの思い通りになってるんですよ。

「えっ!?」
「全然なっとらんやん!」

って怒らないでください、

「思い通りにならない」


と思った通りに人生なってますから。


潜在意識の仕組みを知っておこう



少し潜在意識の話をしますが、

このネタは最近のnoteやブログでもちらほらと出していますが、顕在意識(頭で思考して言葉にできる部分)で何をどう言っても、潜在意識(無意識)の部分が最後に必ず入ってアタマに刷り込み作業をしています。

つまり、いま発した言葉のあとに「でもやっぱり難しいなぁ」って一瞬でもよぎったら、そっちの思考(無意識)が刷り込まれて、あなたの行動を制御してるんですよ。

そう、その「でもやっぱり難しいなぁ」って無意識に出てくる思考パターンは、あなたの思考癖なんです。

言い訳や、出来ない理由をクリエイティブに探し出して見事にプレゼンする人もこれと同じですね。

なので変えるべきは普段の考え方ではなく、無意識の部分にあたる思考癖を変えないかぎり、いつも同じ思考癖で同じ結論に至り、同じ結果を招いて、同じような人生を送り、冒頭で書いたような言葉を発し続け、負のループにハマり込むんですね。


パターン認識を書き換えるためには



これらは無意識下におけるパターン認識でもあるので、内部表現を書き換えれば思考癖は変えられます。

要するに、無意識だけどパターン認識してるというのはちゃんと理由があるんですね。

パターン認識に至るまでの理由があるから、そのパターン認識で自動操縦モード(無意識)で同じ思考癖が続いてるということです。

言い換えれば、ある事象やモノゴトがあって、それに対する意味の部分にあたる解釈を変えれば、それらの認識は変えられます。

つまり、そのことに対して毎回そのような反応をするということは、あなたがそのものにどういう機能や役割を与えているのか?ということなんです。

これを理解して意図的に変えれば、無意識下におけるパターン認識は確実に変えられます。


毎日ツマラナイ!を解決するには



さすがに、潜在意識やメンタルのことに関する専門知識のない人が、いきなり1人で無意識を変えるというのは正直、難しいでしょう。

もちろん、勘のいい人であれば自己啓発本やメンタルに関する専門書を読み漁って独自のメソッドをつくりあげて、潜在意識を扱えるようになるかもしれませんが。

なので、人生が退屈でなんとかしたい、でも変われない、そんな人にできる方法としてまずは、モノゴトを一歩上の高いところから俯瞰して見ること、そして解釈の仕方をこれまでと変えてみることをオススメします。

あともうひとつ、「なんで私だけがこんなに面白くないんだろう」っていつも通りの思考癖が顔を出したら、それを意識して否定してみてください。

「なんで私だけがこんなに面白くないんだろう」ってアタマに浮かんできたら、


「っていうのはウソっピョ〜ン」


っておもしろおかしく否定するんです。


バカっぽく思えますよね?

なら、なおさらそれを実践してみてください。

バカっぽく思えるってことは、あなたにはまだまだ不必要なプライドがあるってことなんです。

これまでの人生が望み通りにならなかったのは、その不必要なプライドが顔を出してあたなを苦しませているからなんですよ。

本当にベタですが、素直さっていちばんの強みなんですよ。

ぜひ、素直になって無意識の思考癖が出てきたときはおもしろおかしく否定してみてください。

これが出来たら、2週間程度でまずは変化を感じ取れるはずです。

人生が動き出すってことを体感できると面白いですよ。

まとめると、

・モノゴトを俯瞰して一歩高い視点から見る
・モノゴトの解釈をこれまでと変えてみる
・思考癖が出たら意識して否定する
・否定するときはおもしろおかしく
・恥ずかしさを捨ててバカになれる素直さ

この5つだけは持ち帰って、あなたのものにしてください。


興味があればこちらもオススメです。
笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている32歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000