承認されないことへの恐怖感を今すぐ破壊せよ


こんにちは、武蔵です。

多くの人は小さいころから
仲間ハズレにされることが怖くて
自分を偽ってきたように思う。

人間が一番恐れるものは失敗や
承認されないことへの恐怖だからね。

その結果何が起きたのか?

ぼくたちは何らかのコミニュティに
属してるわけだから、

そこで他人からよく思われるように
自分を偽って良い顔をしようとする。

そうやって自分の感情を抑圧すると、
承認されなかったときの恐れから
行動しない人間になってしまう。

行動をしたら承認されないリスクが伴い、
行動をしたら予想が外れて失敗する可能性が
あるわけだから、

それなら行動しないほうが
本人にとってはメリットが大きい。

万が一コミニュティから承認されず、
ハブにされたらそんなに怖いことはない。

多くの人はこうやって安全地帯に
逃げ込んで行動しなくなるんだよ。

これって何もマイナスがないように
思えるかもしれないけど多くを失ってる。

・偶然との出会い
・人との出会い
・チャンスなど

この3つのファクターをきっかけに、

ビジネスに発展して稼げたかもしれないし
生涯を共にするパートナーに出会ったかも
しれない。

そう考えると、

・人
・お金
・時間

との出会いを完全に
損失してることになる。

さらにその習慣が強化されていくと、

失敗や恐怖へのマイナスポイントが
脳の記憶に蓄積されてますます動けない
カラダになっていく。

行動する=失敗する危険が伴う
行動しない=恐怖から解放される

脳からすれば危険はすべて生命に
関わることだと判断されるから、

ますます脳の奴隷になって
カラダが動かなくなるんだよ。

承認されない恐怖に負けて行動しない
習慣ができると自分を偽るようになる。

さらに、

自己正当化するため言い訳のプロになり
やらない理由をたくさん考え始める。

他人から承認されないことが、

その人の人生にこんなにも影響を及ぼし
言動から行動まですべて支配してしまう。

承認欲求も恐怖もぜんぶ娯楽なんだから
べつに認められなくてもよくないかな?

自分という存在が誰かに
受け入れられなくても、

他の誰かは認めてくれるかもしれないよ?

そんな唯一無二の存在に出会えるまでは
たくさんいろんな人に出会っていったら
いいんじゃないかな。

人は目の前の1人や2人しかいない
わけじゃないんだからそこに依存する
必要はまったくないわけだ。

目の前の人やコミニュティに
承認されなくても、

それすら受け入れてくれる人も
世の中にはたくさんいるし、

孤独を愛して人と連まない
人だっているわけだから、

自己承認欲求なんか無視していいし、
他者からの評価なんか気にしなくていい。

そう考えて動いていると勝手に
同じ考えをした人と出会えるし、
承認とか評価はどうでもよくなる。

あなたに文句を言ってくるヤツの
いうことを聞いたところでべつに

人生を良くしてくれるわけでもないし、
何かを保証してくれるわけでもないよ。

当事者のことなんか
他人じゃ絶対にわからないし、

他人と完全に分かり合える日なんか
ないから割り切るしかない。

立場が違えば感じ方も
無限通りにあるから

自分の直感を信じて、
内なる声に耳を傾けよう。

そうすることで自分にとって
いま何が大切なのかわかって

進むべき方向が見えてくるから。



BGM♪ / FFDP / The Pride
笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている32歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000