批判されるとツラいキミへ「本音」で語ろう


こんにちは、武蔵です。

世間では批判することこそのものが
ネガティブだと思われがちだけど、
それってどうなんだろう?

先日のブログにも書いたけど、
人から「否定」されることは行動してる
証になるので、むしろ良い傾向かと。

逆に肯定され続けて満足しだしたら
未来の先行きを心配をした方がいい(笑)

で、

人から批判されることを、誹謗中傷や
disられると感じる人もいるみたいだけど

それって受け取り方の
問題なんじゃないかな。

たまに口にするんだけど、

被害者と加害者って、
じつは逆なんじゃないか?

ってよく考えることがあるんです。

思い込みからきてるものや、

批判と感情論を一緒くたに
考えてしまう人がいるので、

その辺の違いについて
お伝えしたいと思います。

「批判されるとツラいんですよね」

って人は自分の性格やコンプレックスの
せいにするでしょ?

そういう人にかぎって、

「コンプレックスは人生最大の武器になる」

みたいな謳い文句掲げてるけど、
凄まじく矛盾してるよね。

自分で目指してるものに対して、
最初から論理が破綻してることに
気付いてないんだもの。

コンプレックスを克服したい割には

批判されると気にしちゃうのは
性格のせいって、

人と本音で向き合うことを
恐れてる自分がいるんじゃないのかな。

本音出してそれこそ、

否定されたり、
批判されたり、

したらどうしようって
魂胆なんだろうけども

それって、

人と浅くしか付き合ったことないし、
人と深く付き合うってことをやってきて
ないんだよね、きっと。

だから、

本音の出し方がわからないし、
本音を出して嫌われるのが怖いんでしょ。

大丈夫、

本音を出しても出さなくても
一定数は必ず嫌ってくれる人が現れるから。

もっと掘り下げると、

本音を出して嫌われたくない、
本音を出して語り合えないってのは、

相手からじゃなくて、
自分の気持ちから逃げてんだよ。

せっかく本音で行くんだから、

自分を出したら好かれたいとか、
自分にどこか驕りがあるから

相手に認めてもらうことを
過剰に期待しちゃうんだよ。

その期待どおりにならなかったときに
傷ついてしまうから、

性格のせいにしたいんだよ、
あなたはね。

性格のせいじゃないから、それ。

何かのせいにして、

相手と本音で向き合うことを
ただ避けてるだけだから、

根本は何の解決にもならないし、
本音で他人とぶつからないと、
ストレスに対する耐性もできないよ。

「そういう性格なので」

って言えば楽だよ、そりゃ、
相手も責めてこないし、正論だもんね。

でも、

そればっかやっちゃうと、
弱い人間になってしまうよ。

もし、あなたがそんな
「性格のせいにしてしまう」
性格の持ち主なら、

今度から批判されても恐れずに、
自分の本音を出していったら
いいんじゃないかな?

本音出して、

嫌われるか
好かれるか

それは相手が決めることだから
あなたが決めることじゃないし、

一々考えても仕方のないこと。

だから、

自信があろうが、なかろうが、
批判に対してネガティブに思う必要はないし
批判や否定はウェルカムになろう。

いつも言うけど、

批判ってのは応援歌だし、
否定ってのは行動の源で、
disりなんて愛なんだから

されたら、

してくれてどうもありがとう。
で、よくない?

応援されたこちらはそれを
エネルギーに変換できるし、

誹謗中傷する連中は人のことを
言ってるようで、

潜在意識という観点から見れば、

人に放った言葉はすべて自分の無意識に
擦り込まれてるんだから、後々の人生は
雪だるま式に転がり落ちてくのが

目に見えてるでしょ?

批判してもらえたら、
相手にしっかり礼を言おう。

それと、

批判の定義と誹謗中傷や叩きを
ゴッチャにしてる人がいるので、

感情論で一緒くたにしないで
冷静になって考えましょう。


BGM♪ / This Is It - Beat It / Orianthi
笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている32歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000