あなたが批判されることで得られる3つのメリットとは?


こんにちは、武蔵です。

いきなり結論からいうと、
批判で得られる3つのメリットは、

① 人間性が磨かれて成長できる
② 自分自身の価値観を知ることができる
③ 知的戦闘力を上げることができる

結果、これらのダイバーシティから
考え方、感じ方、意見に思いもよらぬ

組み合わせが見つかるので、


知的向上と共に脳が最新の状態に

アップデートされる。


これでプロ何とかさんや、

インフルエンサーたちが


劣化していく理由がなんとなく

わかったでしょ?


で、本題に入りますが、

なんか世間的には「批判」って聞くと
脊髄反射で、

「ヒハンダメネー!!」
「ヒハンダメアルヨー!!」

っていう人がいるので、

今回はそれらの意見に反論しつつ、
批判で得られるメリットをお伝えします。



① 批判によって人間性が磨かれる



いま自分にない意見や価値観からの
言葉で気付きが得られるし、

「違う」ことを受け入れるたびに
人間のキャパは広がるから、
多くを認められるようになる。

人間性はこの価値観の擦り合わせによる
摩擦で磨かれるものなので、
批判は成長する機会に他ならない。

反対に、

耳障りの良い言葉ばかり
聞いてたら人間はバカになる。

なぜかというと、

自分の世界観を肯定するものばかりを
取り入れていればレンジが狭くなるし、
キャパは広がらないから当然の話だ。



② 不愉快な情報は自分を知る機会になる



反感を覚えるような意見や価値観は
自分を映し出す反射鏡になるので、

なんで不愉快に思ったのか?を、
見直す良い機会になる。

不愉快に思ったということは
相手が本質を突いてる可能性も高く、

人は本音を囁かれるとカチン!
と、くる生き物なので、

価値観のアップデートには
批判が必要不可欠だ。

成長したい人ほど、
批判という名の栄養を
たくさん摂取しよう。


それこそが自分を知る

良い機会になるからね。



③ 批判は知的戦闘力を高めてくれる



脳も筋肉と同じで、
強い刺激や負荷を与えることで
成長するものなんじゃないかな。

本を読んだり
何かを体験するのも
大切なんだけど、

人と意見をぶつけ合って
知的格闘をすることで
戦闘力があがるとしたら、

批判はまさに、


自分の知的戦闘力を上げる

好のチャンスなんだよ。


以前ブログに書いたんだけど、

人を衰退させたければ褒めちぎって
放っておけば勝手に離脱するからね。

なので、

批判された知的戦闘力を
上げる機会がきたと思って、
大いに喜びましょう。



BGM♪ / Beartooth / Live at Download Festival 2016 Paris

笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている32歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000