どれを選択しても答えはベスト


こんにちは、武蔵です。

人は目の前に選択肢が現れると
なかなか選べなかったりします。

仮に選択したとしても、
これよりもっと良い答えが
他にあったんじゃないか?

って悩み出す人までいます。

ビジネスでも人生でもチャンスが来たら
とりあえず「いい」と思った方を選んで
選んだあとにどうするか?

考えた方がいいよなぁって
思うんですよね。

なぜなら、


「あのとき、べつの仕事に就いてたら今ごろ人生はもっと良いものになってたかもしれない」

「あのとき、べつの女性と付き合っていたらこんなことにはならなかったはずなのに」

「あのとき、べつの場所に引っ越していたら今ごろ幸せな暮らしができていたかもしれない」

「あのとき、あのとき、あのとき、、、」


こうやって過去を悔やむ人を見かけますが
これってホントに無意味だなぁって思う。

だって、

その瞬間はそれがベストだと思って
自分で選んでるんだから、
過去の選択は全部ベストなんですよ。

わかります?

もちろん、選択したものによって
何らかの「縁起」が生まれるので、

それが未来の縁起に影響を与えることは
ありますが、それ自体が未来を決めて
しまうことはあり得ないんですね。

選択の結果=未来ではない

から、過去で未来は決まらないし
未来は自らが設定したゴールで決まり、
 
その決めたゴールで現在が変わり
過去に対する解釈も変わるので、

未来が過去を決めている
ということになります。

その逆はあり得ません。

仮に過去が未来を決めるのなら、
過去に起きた出来事は変えられないので
未来も強制的に決めつけられます。

そうなると、未来は変えられない
という論理が成り立ちますが現実は
そんなことはありませんよね。

過去の延長で生きる
必要はありませんし、

いまこの瞬間から
違う未来を歩んでいくことは
可能ですからね。

過去と未来は切り離して
考えるのが正常です。

なので、目の前の選択は
いつもベストなんですよ。

選ぶ前に最適解を探すより、
選んだあとにどうするのか?
を考えてみてください。


だって、あなたはいつもベストな

選択を今日までしてきていますから。


これが腑に落ちるまで何度でも
読み返してみてください。

意味がわかると「なるほど!」
となりますから。



BGM♪ / Eminem / River ft. Ed Sheeran

笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている32歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000