カンボジア強盗殺人について思うこと


こんにちは、武蔵です。

つい先日、

カンボジアで2人の日本人が
強盗殺人事件を起こしました。

結論から言うと、

・選択肢の少なさ
・感情的な行動=無知
・視野の狭さ

この3つに集約されますね。

たかだか400万の借金が原因で、
こんな突拍子もない決断と行動が
できるんなら他に使えよと。

それぐらいのエネルギーがあれば、

ビジネスでサクッと稼ぐこともできるし、
普通に働いても返済できる額ですからね。

今回この事件に関して言いたかったことは、
犯罪の是非や命の重さについてではなく、

感情で動くとロクなことに
ならないよねって話です。

よく、

「感情を大切にしましょう」
「感情と向き合いましょう」

みたいな戯言をほざくヤツもいるけど、
感情と向き合った結果がこれなんです。

だから、

感情で動くとロクなことにならないし、
感情が出るってことは知識がない、
解決法を知らない=無知なんですよね。

なので、

人生ではどれだけ選択肢を
たくさん持てるか?なんですよ。

「生まれ持った手札で勝負しろよ!」

という、もっともらしい
正論も聞こえてきそうですが、

人生は義務教育じゃないので、
すべて応用問題なんですよね。

特に若者なら選択肢を増やし放題だし、
増やした選択肢からその時々に適切な
カードを引けば、

今回のような事件は
起きなかったのでは?
と思います。

もちろん、2人のやったことは
許されることではありませんし、

今回被害に遭った、

カンボジアのタクシーの運転手の方、
残された奥さんや4人の子ども、
遺族のことを考えると胸が痛みます。

なので、今回のことに限らず、
感情的で無知な行動は避けましょう。






笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている32歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000