エネルギーが弱まったときの対処法


こんにちは、武蔵です。

ゴールデンウィークもあけて、
どこかうわの空になってる人
って多くないですかね?

おそらく、

連休に入る前って
連休中に出かけたり、

予定があるからそれを
楽しみに毎日仕事だとか、
日々楽しめたんだと思うんです。

ところがですね、

連休にめちゃくちゃ楽しんで
遊びまくった人ほど、

そこでゴールに到達してしまっているので、


そのあとエネルギーが弱くなる

という現象が起きるんですね。


どういうことかというと、

ゴールデンウィーク中に
ゴールの再設定をうまくやれていれば
燃え尽き症候群は防げたんですよ。

だから5月病だなんて
ネガティブなネーミングが
付けられるんですよ(笑)


わかります?


ゴールが近付くとそれまでのエネルギーが
弱くなるみたいな話聞いたことありません?

輪ゴムを強く引っ張った状態が
いちばんエネルギーが強いですよね。

それを少しずつ戻していく状態が
ゴールが近付くのと同じ現象なんです。

まさに、それが起きている人が
多いなぁと思ったので、
今回はそのことについてお伝えしました。

そういうときは、

ゴールが近付く前に、
ゴールを遠くに再設定してください。

そうすると、ゴムを強く引いた状態と
同じ状態になるのでパワーが出るという
仕組みです。

まぁ、これは脳と心の機能を見れば、
かんたんに説明がつく話です。

マインドを自在に扱えるようになると
そういったことにとらわれなくなるので、

興味のある人はブログやnoteなど、
目を通してもらえたらなと思います。


笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている32歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000