「自分で考えます」というバカ


よくあるのが、
質問をしてくる人に返事をすると

「自分で考えてからやります」
「自分で1日だけ考えてみます」
「自分でやってみます」

みたいなのが多い。

こっちからすれば
じゃあ来んなよ、勝手にしやがれ
ぐらいにしか思わないけどさ。

その「自分で考える」ってのが
けっこう厄介なんだけど
質問する人はそのことに気付いてない。

自分で考えることが

クリエイティブに創造する方なら
オッケーだ。

これが、

イマジネーションの想像する方で
考えると基本NGだ(笑)

前者は創造して
未来に何かを生み出そうと
思考か行動している状態で
いわば問題解決しようとしている。

後者は想像して
過去に経験したことから
「いまの自分にとって」
それが損か得かを悩んでいる状態だ。

同じ「自分で考える」ことだけでも
これだけの差がある。

そして世の大半の人は
後者の悩める人たちだ。

だいたいさ、自分で考えて
答えが出るわけねーだろって。

それだったら考えずとも
その場で即答できるからね。

じゃあ、そういう人たちは
どうしたらいいのか?

自分のあたまで考えて
一生同じところ行ったり来たり
すればいいんじゃない?

それでも困ったら
ひとことください。


そんな勇気があれば。

笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている34歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000