苦手な相手に遭遇したときの対処法


大人になっても学びを続ける人も多く、
こんな時代だからこそ、
自分を高めることは必要だろう。

特にいまはアフターコロナどころか
ウィズコロナだから、
自宅にいながら何かを学ぶには
オンラインほど都合の良いものはない。

やっとこさ高めた自分をいざ、
披露しようとしたタイミングで
自分が一番苦手とする
タイプの人間に遭遇したとする。

いろんなことを学んで経験してきたのに
歯車が一切噛み合わず、
この手の人間と擦った揉んだがあると

「あれ、自分って全然ダメなんじゃないか」
と言った具合に意識を揺さぶられる。

でも、本当はそうじゃない。

苦手なタイプは確かにいるのだろうが、
こういうケースは自分側の思い込みや
バイアスが強くかかってる場合が多い。

苦手だと思い込んでるだけだ。

その色眼鏡で相手を見るから
もう見たいようにしか見ない、
つまり盲点なのだ。

で、相手が変わったタイプで
自分の苦手意識も芽生えるから
そりゃコミニュケーションも
うまくいかないだろう。

んじゃ、どうやって対処したらいいのか?

①まず、自分を出そうしないことだ。

いくら自分を高めてきたからと言っても
ここは実力を発揮する場所ではない。

高めた自分で対応しようとすればするほど、
相手のペースに飲まれて
コロコロ豹変する相手にますますやられる。

②相手の真似をしてコロコロ変われ。

相手が苦手なタイプだとして、
そやつの言うことが毎回コロコロ変わって
振り回されるのであれば、
そやつの真似をし、意見をコロコロ変えて
逆に振り回してやるぐらいでいい。

そうなると相手はこちらを嫌うだろうから
距離を置くか、接触する回数も減るだろう。

③影響されずに、相手に影響を与える

まぁ上記で話してきたことをすれば
大抵は立場が逆転するから
影響を与える側になるだろう。

そうなればあなたがイニシアチブを握るから
そやつに対してイライラしたり、
振り回されることもなくなるだろう。

まぁ、一番良いのは嫌われて
距離を置いてもらうことだろうね。

どうかな?

これが出来るかどうかは置いといて、
この心構えを身に付けておけば
だいぶ楽になるはずだが。

究極は自分次第だからね。

それでもダメだと言う人は
こちらの秘伝の書を読んでおきなさい。

あ、18禁なので注意して
取り扱うように。
笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている34歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000