昔話の主人公から抜け出そう


人は未来に向かって生きてるはずなのに、
過去の辛かった話ばかりをする人がいる。

それってさ、お互いに実りあるの?

例えば、マンツーマンでその話をしたり、
されたりして、何か意味あるのかな?

過去の辛い話を自己開示した方は
まだスッキリするかもしれないけど、
された方は溜まったものではない(笑)

でさ、そういう人って
承認欲求をこじらせてるし、

過去の辛い経験があるから、
「今の自分はこんな目に遭ってるだ!」
って言いたいんだよね、きっと。

過去を前提に現在を考えると
ロクなことにならないよ。

過去は所詮、過去であり、
過ぎたことだからどうしようもない。

というか、どうでもいい。

コーチングで言えばゴールを設定し、
未来の自分から今を見て
現状をどうしようか?と、捉えるわけだから
結果には雲泥の差が出る。

ほとんどの人は、
過去の不幸なことに囚われて
それを引きずる。

「それがあったおかげで今うまくいかない」

あのさ、時間軸の話で行くと
過去って未来に何一つ影響しないからね。

影響されてるのはあなたであって、
あなたの未来は過去の続きである
必要はまったくない。

むしろ、未来という原因があって
現在という結果になる。

ところが、逆になってる人は
過去の原因探しをして
未来を規定してしまっている。

そりゃ、うまくいくはずもない。

自分で不幸なことが続くように仕向けて
その沼にハマってるんだもん。

いつも言うけど、
原因探しほどくだらないものはない。

「あのときの」
「このときの」

とか、理由や原因なんて関係ないんだよ。

そうやって自己開示して
人が助けてくれるのを待ってる人は
自分に甘過ぎる。

というか、自己陶酔もいいところだ。

可哀想な自分に酔って、
過去を引きずりながら自己否定し、
自己評価を下げる要因をガンガンに
生み出してる。

そんなのは今すぐやめてしまえ、
と言いたい。

それだとこの先もうまくいかないから。

じゃあ、どうすればいいのか?
まず、悩むのをやめる。

そして理想的な未来のライフスタイルを考え
その自分ならきっとこうするだろうと、
今の自分を動かすイメージだ。

ポイントは、
今の自分で考えて動くのではなく
未来の自分なら間違いなくこれをやるだろう
と、スピードを上げて実践していく。

それを繰り返してるうちに
過去とかどうでもよくなるし忘れる。
それこそ夢中になるからね。

未来のゴールや、
理想の自分に近付くことに
夢中になれば…

気が付いたときには、
いくつもゴールを達成しているだろうし
自分自身も成長しているだろう。

だとしたら、過去も現在も
どうでもよくならないかな?

興味があるのはいつも
未来の既にそうなった自分。

もしまだそうなれていないのなら
自分がおかしい!と、
自己否定をするのではなく、

何か現実がおかしい!
現実の方が間違っている!

と、今を否定すること。

そうなれば未来は自動的に肯定され、
今を否定された自分は
ゴールに向かって勝手に動き出す。

それをしているときのあなたは、
がんばるとか、努力とは無縁のはず。

やりたくて仕方がないことをやるとき、
人はそれを努力とか、がんばるとは
言わないから。

なので、自己開示も自己陶酔もやめて、
自己否定するなら、過去と現在を否定して
未来を肯定しろ!って思うよ。
笹崎武蔵

ライフコーチ。五感や直感といった、野生の「嗅覚」をベースにビジネスや理想の生き方をおしえている34歳。自分は直感型だなと思う人はブログを読んでみてください。

0コメント

  • 1000 / 1000